サンプル

サンプル
サンプル
少し前に入手した
超お気に入りなアイテム

熱収縮チューブに
印刷しちゃうぜマシーン!!
テプラのUSA仕様を使って
みんなを喜ばせて、かつちょっぴり(がっぽり)
わたしの財布もぱんぱんに!?

な、ワケで
まずテストには、カートリッジの安いテープです。
細かい文字間の詰めが出来ないし、使うテープなり
チューブのサイズで、大きさにも制約があって
一発でクールにキメるのはなかなか。

で、一度作ったのの保存も4パターンしか…

まっ、$100しないのにこれだけ使えれば
大満足です^^

日本のテプラじゃないのは
USAテプラ、英字フォントが14種類もあります。
二万円クラスなら、日本で売ってるのでも
その位入ってますので
財布がパンパンな方々は、素直にそっちにした方が
取説も日本語ですし、オススメです。
オートトリマなんていう、テープの角を丸くカット出来る機能もあったりしますし。

そんな便利なのが付いてなくても
小丸の彫刻刀が一本あれば、5秒で丸く出来ますけどねw

いつになるか未定ですが
もっと詳しく紹介できる日が??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トグルクランプ

クランプのくせに、単品というか
そのままでは役に立ちません。

082101
ある場所に
しっかりと固定して
これはレバー↓で
上から押さえるタイプ。

加工の方向やセットの仕方、作業のしやすさによって
レバー↑で固定するもの、押さえが
→に出るタイプなんかもあります。

082102 M3スタンドのベース
上になってる方は
(仕上がり時は底に)
すでに形が出来上がって
皿ネジの座ぐりだけ
9mmドリルで彫ってある所に
表板と底板を合体させるネジ穴を作るため
底板は貫通、表板は厚さの半分程度まで穴を開けますが
形のまだ出来ていない表板とは、奥の一辺だけは
面一になっているので、そこに合わせて固定して
これから穴を開ける所です。

普通のクランプだと、アゴが邪魔で

続きを読む "トグルクランプ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カッターor小刀

それはもう、無心で削るんですよ。
ゼンハイザーHD650系の両出しケーブルの分岐部分。

080702
上側の薄いのは
すでに荒削り済

下側が、まだ
ぼってりしまくりです。


続きを読む "カッターor小刀"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

簡易スクレイパー

掌に載るほどの小さなエンクロージャなので
大っきいのだと、時間がかかってパスしてしまう事も
ちゃんとやってみよう!!なんていうノリで
天板の裏側と、底になる部分にRをつけてみます。
せっかくのリュート型(?)ですのでw

050101
手前の二枚
これはスライド丸のこで
座ぐったもので
ウチのはノコ刃216mmなので
R108mmの座ぐりですね。
このままだと筋スジですから、ディスクグラインダーとかに
ペーパーディスクを付けて均しても良いんですが
こういう所でフリーハンドの電動工具だと、一瞬で削り過ぎたり
あちゃー…となるのが、私の場合かなりの高確率w

かといって、ひたすらペーパーがけというのも
最初の一枚目は気合い充分なので、丁寧にやるんでしょうが
3枚目、4枚目となると…

三番目にあるのが、手前に置いてある簡易スクレイパーで
筋スジを削ったものです。材料は0.5mmのステンレス板。
金切りバサミでジャキっと切っただけですが

続きを読む "簡易スクレイパー"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

穴だらけ木片

SPFの切れ端。
ボール盤でいろんなサイズの穴を開けてあります。
03061
何に使うか…
もう判る人には
大した事もない使い方ですが
コードレスインパクトとか
手持ちで垂直に穴を開ける時のガイドですね。

たとえば、広〜い板の真ん中に穴を開けたい時とか
ボール盤のテーブルに載せられない時には
こんな切れ端でも、とっても重宝します。
03062
こんな感じに
ドリル刃を挿し込んで
ポンチを打った
ポイントにあてがって
その状態で木片を
材にピタっと密着させてあげれば
ほぼ垂直になります。
穴をあける時は、ガイド穴にドリル刃がなるべく触れないように。
意外と、そんなに意識しなくても大丈夫です。

03063
タップを切る時にも
これを使うと
切り始めがとっても楽です。
タップを切り終えて
逆回転でクルクル戻して
もう少しで抜ける〜って時、抜き取る最後の最後
ここって、思っている以上に
アレ?まだ抜けない…なんて事になって
曲がった状態で、エイっと抜き取っちゃったり
わたしはけっこう頻繁にやっちゃってたのですが^^;
これを使うようになって、その時の方が
精神衛生的に役に立ってるかも^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OLFA vs NT カッター

文房具売り場とか、工具コーナーでは
なぜか、圧倒的に黄色いスペースが目立ちますよね。
(東日本だけかな??)

NT CutterOLFA
じっくりみるとオモシロイです。

やはりOLFAの方が、どことなく洗練されていますが
どちらも大阪で、しかも同じ頃に

あのカチカチカチっと
刃を出して
、切れなくなったら刃を折って使う
という、今では当たり前になった商品を開発しているようです。
なんだか不思議な感じですね。

ウチのカッター、並べてみました。
0218 一番使っているのが
真ん中のアルミがすでに
黒くなってしまってるヤツ
これはNTのDS-800Pです。
もう15年使ってます^^
その下、黄色いのが
同じコンセプトのOLFAですが、
軸が太いですよね。
握りやすそうな感じですが、アルミの6mm軸に慣れてしまうと
刃先に力がかかり過ぎて、細かい力加減がしづらいんです。

替刃はOLFANTも、先端にくわえて
チャックで締め付ける方法なので、共通なのですが
NTの方が鋭い切れ味です。が、ちょっと斜めに入れたりすると
刃先がカケやすいですね。OLFAはその点、一定の切れ味を
コンスタントに持続してくれるようです。

ですが、この手の細かい作業用のカッター刃は
基本的にバンバン交換するもので

続きを読む "OLFA vs NT カッター"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猛烈に縮んでますッ!!

02131_1炙られちゃってます。
200℃近い熱風です
もうたまらずきゅうぅっと
縮まざるをえませんね。。

もう10年使っている、ガス注入式
コードレスはんだゴテですが、ほぼ100%
hot-air-blow ヒートガンとして使ってます。
熱収縮チューブとこれがなかったら、HD25の
交換ケーブルは出来なかったと思います。
ちなみに、このポータブル式はアイルランド製みたい。

ホントはどこで作っているのか知りませんが
made in IRELANDのHD25で役に立つなんて
ちょっと不思議な感じです。

02132_1

続きを読む "猛烈に縮んでますッ!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見えてきたか!?パイプ曲げ

パイプにはパイプだろ!!

今日rockler.comからの荷物が届いて、やったアレか!!
と、思ったら中身はこればっか…
11141 なんで二個口なのに
一緒に送られてこないの…?
しかも、たまたま
安かったから注文しただけなのに>_<

せっかく届いたのだからと
もう二ヶ月前、ウチに来る
プロパンガス屋さんに頼んで
ネジ切ってもらっておいたガス管に、ちゃちゃっとセッティング。
うんうん、これだけ長くてガッチリくわえてくれれば
サブウーハーとか、大きめの箱でも安心、安心。

なんて感じで、もさもさやってたら
ふと、「これでいいかぁ・・」と一応完成と思っていた
パイプベンダーもどきのキャスター付き鉄板が。

むむっ。。これ使える…かな

続きを読む "見えてきたか!?パイプ曲げ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

棒とかパイプの面取り

棒とかパイプの面取り
M3スタンドに、リベットナッターを打ち込んで
はみ出た鍔(つば)部分を
クルクルして削ってます。

パイプ内側の 面取り は、メジャーどころだと
NOGAとかになりますが、最近は他メーカーのも
ホームセンターでも普通に見かけますよね。
まあ無くても、小物だったらデザインナイフとかでも
そんなに困らないですけど
逆側、パイプの外面になると、ひたすらヤスリとか?
外面用は高いし‥

これはあくまでもたなぼたな話で、正しい使い方じゃないので、
もしやろうと思った人は、かんなの前でもう一度
自問自答して決めてくださいね。11101_1

続きを読む "棒とかパイプの面取り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下穴センターポンチ

11052ルーターテーブルに入れ込むレール。
木ねじで留めるのに、軽く下穴を開けたい。

このまま電動ドリルでいけば早いですが
せっかくルーターテーブルで精度のアップを
目論んでいるのに、
キチンと溝が彫ってはありますが
肝心のフェンスを移動させるレールが、ストレスのかかった状態で
テーブルに装着されているというのも、なんだかスッキリしません。

そこで、レールの穴にちょいキツめに入るアルミパイプと
先端をグラインダーで尖らせた、パイプにすぅっと入る
径のねじを使って、先週紹介したセンターポンチのマネしてみました。
11051
パイプをレール穴に差し込んで
垂直を確認して、ねじを入れて
コツンとすると、
出来ました
ちゃんとレール穴の中心に^_^

一ヵ所仮留めしてから、コツンコツンとやって
下穴を開け切り屑をきれいにしてから、レールを留めて。

きっといい仕事出来る…ハズ??




| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧