嫁写真(エロなしw)

新年早々、やってしまいました。。。

CFカードがぶっ飛びました…_| ̄|○


ポンポン山という謎のスポットが
ウチから車で10分くらいの所にあるんです。

初めて知ったのは5年くらい前だったか
ウチのお風呂が壊れた時、やはり同じくらいの所に
小さいんですが温泉施設があって
そこに行く道に迷った際、道ばたの石柱に
『ポンポン山』と…

案内されるがままに導かれていくと
小さな神社で、境内裏手が目指すその山らしい。

山といっても、ゴツゴツの自然石が剥き出しの
ほんとポッコリ盛り上がっているだけの小山なんですが
そのどこかに、内部が空洞になっている所があるらしく
そのスポットの上で飛び跳ねると
なんとポンポンと音が響くポイントがあるらしいんです。

二人であちこち飛び跳ねて(端から見るとw)
そのスポットを見つけたときの喜びといったら

…イヤイヤ、それほどでも^^;

確かに明らかな反響音がするので、普通ではないんですが
あちこち飛び跳ねている方が面白かったりしてw

で、その場所を過ぎてプチ山頂へ

切り立ったプチ崖になっていて、見事に東側が開けてます。


それを思い出していたので、朝5時半にポンポン山へ

意外と誰もいなくって、一番乗りです。
ロケーションの良い岩のてっぺんに三脚立てて
今回
持って出たPowershot Pro1をセッティング。

しばらくすると、中学生の三人組登場。
でも、あまりに人の気配がしてこないので
ここって初日の出スポットぢゃないの?なんて話をしていると
彼らが言うには、凄い人が来るらしいんですが
6時30分になっても、私たち5人だけで
なんかこんな感じも良いなぁ。な〜んて思っていると
なにやらガヤガヤと。

おそらくは、ご近所の人や神社の氏子さん達だと思うんですが
あっという間に、ポンポン山の猫の額ほどの山頂付近
50人くらいの初日の出ウォッチャーで満杯です。

で、私はそのてっぺんの岩の上で
ちょっと照れくさいような、なんかエラくなったようなw
なんとなく微妙な心境で、2009の幕開けを待ちます。

日の出写真って忙しいんですよね。

まずここから頭をのぞかせた所を撮って
半分くらい昇れば、手持ちでも取れる明るさになるので
ゴツゴツの岩も入れ込んでこう撮ろう。とか
あれこれ脳内シュミレーションを繰り返しつつ
岩のてっぺんで呼吸を整えますw

いざ、ご来光!!

となった訳ですが、その時はちゃんとカメラも機能していて
シュミレーション通りにショットを重ねていきます。

画像の再生も問題なく行えていて
突然、地元では恒例になっているらしい
平和と幸せを祈願しての万歳三唱シーンなんかにも
バッチリ対応して、これはナイスな年明けだぜ!!

帰りがけ、でっかい椿の木に
たくさん花が咲いているのを見つけて、これまた
もらったぜ!!的にウキウキな私

0901012_2


だったのに…

macに突っ込むと、読み込めないフォーマットと。

winでも、おかしなファイル名があるだけ。

カメラに入れても画像がありませんの表示。

メモリー自体はトランセンドの2GB/SDカード
それをパナのCFアダプターを介して、今までは
なんの問題なく使えていたのに。。。

これって、救出できるんですかね…
新年早々、ジェットコースターです。

で、落ち込んでてもしょうがないので
こうしてブログも書いている訳だし、ウチの奥さんも
なかなか面白かったみたいで、携帯でカシャカシャ撮ってたし。
まいっか^^

こんなのを撮ってたみたいです。

0901011
トリミングと、携帯なのでザラザラな粒状感を消すのに
ぼかしだけかけています。

0901013

ちょっとヤル気だったみたいで
1280×960で撮ってましたね^^


エナジー補給&命の洗濯完了したばぢるでした。

今年もどうぞよろしくです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

なつのあまやち

…潮の香りがそうさせたのか

花火の夜。。

という事で、開放的な気分に火がついてしまったのか

会って半日も経たない人と…

一夜を過ごしてしまったばぢるです。

0812001


いや、まじでw

HD25のオーグラインPlatinumケーブルとか
edition9の低音を減らせケーブルとか
iCansを断線させるなケーブルとか
他にもいーっぱい進めないといけない事があるのですが…

10日、日曜日の東京湾大華火祭
E-3とカーボン三脚、他ガラス筒三本と
冷た〜い第三のビールひと手提げを詰めて
出掛けてきちゃったんです^_^;

ウチから電車利用だと、一回乗り換えれば
わりと楽に行けるのを確認しつつ、えきねっとで往復
w
乗車券をオーダーして、海を眺めながらの電車も
なかなか良いもんだろうなぁ…なんて想像しつつ

大井町あたりで気付くと、車窓が暗い。
というか、黒い??

へっ!?
りんかい線って地中の電車なの…_| ̄|○


……なんだか…書き始めたは良いけど

この流れで行くと、もんの凄〜く長くなりそうなんで
Photoshopを立ち上げつつ、当日撮った181枚の中から
ちょろちょろ織り込んで書ききってしまうのは
どうやら無理っぽいです。

それだけ面白かった、楽しかったということで
読みたい方は、
後日UPするであろうモノも含めつつ
流して頂ければ

0812002


これは、ブレてる&○○に加工しちゃってますがw

レリーズ使わないと、300mm以上はムリっ;
(¬_¬)

続きを読む "なつのあまやち"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

お試し

0807001…色


…ボケ


…光


全〜部







おかしい!!

ですよね。





普通の写真を、ちょこっとイヂって
作り物の風景を撮った感じにするの、なにげに流行ってるんですね。

モノホンの模型を撮ると、小さい被写体をわりかし近接で撮るので
被写界深度(ピントの合う範囲)が狭くなって
光も当然フラットめ、で、モノホンではない「作り物」なので
色も、いわゆる原色の塗り絵チックな鮮やか系になる。

この一連の事を、Photoshopなどの画像加工ソフト上で
ピントが合ってないボケ部分を作って、コントラストを上げて
鮮やかさの調整で、彩度をどギツイくらいあげちゃって…とか
意外と、それっぽくにはすぐ出来るので
ジオラマ風とかミニチュア風でググると詳しいやり方もわかるし
上手な作品がいっぱいあるので、なかなか面白いです。

これ用の素材集めのためにカメラ持ち出しても
何気ない工事現場とかに、おもわずグっと来てしまったり
今までとはちょっと違った視点で見るようになるかも。

基本は、出来るだけ高い所から広角系で撮る。
そうすれば、後の加工がやさしいような気がします。

どの世界にもすごい人はいるもので、上の写真は
とりあえずお試しさせて頂きました〜程度なので
かなり恥ずかしいデスが^^;

お試しではなく、本番一発勝負で作ったのが
mogamiの2534を使ったHD25用ばぢるスペシャ〜ルっ
2534002
HD650系では
もう何本も
作らせて頂いてますが
2534をHD25で。
となると
クランプ部分に
収まらないので
6mmという
その外径が
ちょっとネックです。
で、黒いジャケットは
縦裂きで全撤去。
使わないシールドも脱がせてスリーブに通して、これで
5mm弱になったので
クランプ部分の
厚みのある方の板を、少し削ってあげれば
ご覧の様にガッチリ留まります。

めでたし、めでたし。
とはいかないのがお約束w

続きを読む "お試し"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

春告げ花弁

春告げ花弁
先だって、とあるお宅に
呼ばれもしないのに
押しかける道すがら
立ち寄った(私のお目当てはビールw)
スーパーの駐車場でカシャっと

桜はもう少し角張ったハート型で
色ももっと白いと思うので
たぶん梅の花びらでしょうけど
時間は、季節は
滞ることなく流れてるんですね

花が散って、葉を繁らせて
幹を太くして、根を伸ばし枝を張る

葉を落とすのは
次の芽吹きのため

生命が移ろいゆくって
こーゆうことなのか‥

なんて、とあるお宅の
ちょいライブ過ぎなリビングで
少し大きな音の
スガシカオの
『そろそろいかなくちゃ』
聴きながら、わたしは今
どのあたりなんだろう?
なんて、ちょっと焦ってみたりして

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪宇宙

08203a_2











 

 夜半の3時頃から降り始めて
 
 今8時ですが、5cmくらい積もってます。

 

 れれっ?

 雪ではないですねw
 

元画像はこれです
08203b
5時頃、まだ完全に白く覆われてない中

街灯の明かりに
マンホールだけ

静かに光ってたので撮ってみました。

20秒も開けてたので、街灯部分にフレアが出て
一瞬、いい感じに思いましたが
それもほんの一瞬で…。でも捨てちゃうのもなんだし
マンホールのとこだけ切り取ってみました。

ぎ、銀河に…銀河に…ミエナクモナイ??


と、ほんの息抜きで書いてみました。

期待してた人、ゴメンなさいです^^;

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新入りE-3

まだ全っ然馴染んでないので、イジメたりはしないつもりでしたが
ひとつだけ、小一時間問い詰めたい気になる所が。。

121803 メインで載せてる
GITZOの自由雲台
G1276Mだと
一度E-3を外さないと
バッテリー交換出来ないんです。
ふたは開きますが、開ききらない。。

G1276Mはクイックシュータイプですから
1アクションで脱着可能なので、言うほど不便ではないですが
横着者なわたし的には、電源スイッチをONにするたびに
ミミミッっといって、CCDのゴミを払っている
それはそれはとても良い事なのに、その優等生的態度に
逆にイラっとしてしまったりして、最近は気が付くと
昔デジカメを触ってたりします
w

初代IXY digitalや、初手ブレ補正のPanasonic FX7などに
新しいバッテリーなんかをプレゼントしたりして
自分でも、ちょっと挙動不審を自覚気味です。

撮り比べちゃったり^^
1219ixy 1219fx7






左がIXY、右はLUMIX。

続きを読む "新入りE-3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温故知新

というのを、この切羽詰まっている昨日
ほんのちょっと味わったので…

辞書(重いヤツねw)を引くと

昔の事をたずね求めて、そこから
新しい見解・知識を得ること。とあって

さらにググってみると、由来他いろいろと。

ふるきをたずねて新しきを知る

 120501 4年前。といえば
デジカメ界では
縄文と弥生くらいは
違うんじゃないかとw

デジタル一眼市場が
どんどんと育つにつれ
このCanon Pro1の相場も
今では3万円くらい…

普段は、アダプターをかまして
PLフィルターほぼつけっ放しという、ロボ系の姿なんですが
たまに普通の姿にしてあげると、暗い所では
AFが使えないとか、MFでのピントがちょー掴めないとか
許してあげられちゃう感じw

ですが、放出予定品なので(半強制!?)
箱とかリモコンとか捜してきて、取説を読んでたら
なんとPro1って、使えないMFながら
フォーカスブラケットが出来たんですね。

露出とかホワイトバランスのブラケットは
(一度のシャッターで少しだけ違う条件にして余分に撮ってくれる)
いまやコンパクトデジカメにも付いていますけど
マニュアルフォーカスの時だけは、前後にピントをずらした
カットを撮ってくれるという、なんとも
自分の弱点をよくわかった、けなげな姿勢!!

120502 右から順に
ピントが奥へ

200mmのスーパーマクロモードなので
レンズ前玉からの距離は5cmほど。
移動量は3パターン選べて
この『中』で、10mm弱の間隔です。

なんか手放すのが…

と、いまさらこんな事書いても
ほぼ役に立ちませんが、来週から始まる
カスタムペイント講師(ニセ)の仕事の下準備で
アウトライン魔導師ベ〜ジェ、魔法剣使いパスコンバインらを
筆頭に、
総勢50名とのせめぎ合いです。
モニター画面すら、本音は出来るだけ見たくないのですが
手にした道具は、髄まで使ってあげないと
モノもヒトも活かされないということを
ちょっと考えてしまったのでw

では、ちょっと休憩でした。


ぶつぶつ…M3スタンドもまだだし。。

…ULTRASONE edition9もだ。ぶつぶつ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ド〜ン☆ 百花繚乱

カスタムペイントの偽講師を、毎冬に
やらせてもらっている、自動車整備の学校で
毎年この時期、お祭りっぽい
(新卒者ターゲット)オープンキャンパスがあって
例えば、エコランやロボコン、今年はエアギターコンテスト!?とか
催しが盛り沢山。その中で、エアブラシの体験コーナーもあって
私もノーギャラ!!で、出来るだけ手伝いに行ってるんです。

用意されたデザインに、塗り絵感覚で
エアブラシを使って色を塗ってもらうという

幼稚園、小学生から団塊世代まで、普段出来ない経験なので
 毎回、ウエイティングになるほどけっこうな人気で
今年はどんな感じか、下準備とかには私はノータッチなので
前日にちらっと様子を見に行くと、何かいつもと違う。。

で、昨日の客入れ前に行ってみると…
エアブラシ10本がセッティングしてあって、色も作ってあって
でも、見本が見当たらないので、近くに居た生徒に聞いてみると
ーー今作ってます。…あっ、そうなのね。
なるほど、3人くらいが黙々と何か作業中。
おそらくこの生徒たちも、大きなガンは使ってるにしても
エアブラシは使った事ないんじゃないの?
と思って、覗いてみると
そのへん差し引いても、とても人様に見せられるもんじゃなくて
素人が見ても、十中八九それを素敵とは思わないようなもの。

先生は何やってたの?と思って、今年入った
新人先生に聞いてみると
あっ、生徒の自主性に任せてますんで〜
という、なんつーか自由の仮面を被った無責任な答え。

だってね、わざわざここで足を止めて
ちっちゃいかもしれないけど
新しい事にチャレンジする場所を提供して、その人たちに
ワクワクしてもらって、なにかしらのワンダーを持って帰る
そのお手伝いをするために
少なくともわたしは、毎年時間を作って
ここに顔を出すようにしてるし、それを味わえた体験も
そのことを知っている先輩先生もいるのに
なに??
このゆるんだ空気。
こんな人たちにおもてなしされたくない。。

072903はいっ、今日の一発め。 

続きを読む "ド〜ン☆ 百花繚乱"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

野球場にいるサッカーの審判

0425_2 まったく使えない…ってこと^^
by
宮崎あおい

さぁ、WONDERを探しにっ!!

ピンと来ないヒトは
『ただ、君を愛してる』
ここ↑で勉強するなり,この後のリンクをポチるなりして下さい。

Canon F-1大活躍^^(銃弾まで浴びてた記憶が)の
広末涼子と松田龍平の『恋愛冩真』

これをベースというか、設定は似ていますが
あらたに、
小説『恋愛写真—もうひとつの物語』として
市川拓司
の書き下ろしを、去年映画化。

その流れもあってか(?)OLYMPUSデジカメのCMに
宮崎あおい、抜擢されましたね。いいCMですよ。

いずれもネタバレありあり
超〜長いし、クドいし、意味不明なので。

続きを読む "野球場にいるサッカーの審判"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春が来た!?…ケロ?

あったかいです。とっても。
眼に飛び込んでくる陽射しも、心なしか
太陽の燃焼カロリーがアップされてるような
白い残像を残してくれてます。

0130そんな中
急接近する二人に
ケロはいたって
冷静ですね。
視線の隅に入っている
二人に、何か思い出すような
消えゆく泡を
じっと見つめるような瞳で
ただそこにいます。
さすが、ケロ。

あっ、どうやら違うらしい。。
…ただ……眠いだけか!?

今度出てきたら、きっとホントの春だケロっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)