« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

もっと深く、かつ弾めっ茶MOMENTUM

随分とアゲアゲぢゃねえか。

それはもう
全(ゼン)ブラウンmomentumで地団駄踏んでる方々
折れかけた心に、もう一度
とびっきりの笑顔を取り戻してもらうんですから
こっちも鞭打たないと
キリッ

アウターのハウジングを外して、#800で水研ぎ。
この時気をつけるのは、ハウジングを
スムーズに稼働させる真ん中の丸い部分
ここは手を付けないように
総面積の八割程度をマスキングしておきます。

っ、お気づきですね。
そうです、ペイントしちゃうってことです。
スパルタンな黒赤に対抗するため、同じ黒でも
こんな感じに、細かな凹凸のフラットBKでも
かなりカッコ良いと思いましたが、そうすると
洒落乙なこげ茶イヤーパッドが活きないかな…


どうしようか、
あれこれ思いを巡らせて
ブラウンmomentum
をチョイスした
ナイスなセンスも鑑みて、イメージしたのは
楽器でよくあるアレ、あの色です。

サンバースト


素材の木目が透けるように、中心付近はオレンジ
外に向かって赤みがかかり、端っこに向かって
黒く落ち
てゆく、ギターのストラトキャスターといえば
この色を思い浮かべる人は多いかと。

自分的にはギブソン
、レスポールモデルよりも
セミアコES-335のイメージが強いです。

キッチリ下地を整えたら、ここから約二時間
ガンとエアブラシ、塗料もろもろと共に
気合百発、ブースに
籠もります。


出来た

Mom011

出来たでしょ。

続きを読む "もっと深く、かつ弾めっ茶MOMENTUM"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木綿ぢゃないよ、MOMENTUM

ゼンハイザーから去年リリースされて、シックな色合いとは
ちょっと
雰囲気の違うネーミングで、んー、どんなん??
って感じでしたが、現物はカッコ良いです。

ヘッドバンドの処理なんかも、洒落乙。
特にプレート裏の4個の極小トルクスネジが良いです。

まったり鳴りそうな見た目ですが、意外に速いですね。
木綿というより化繊です。
このギャップを何とかしようとしたのかは知りませんが
今年に入って
、黒外装でイヤーパッド内部が赤だし
HD25
のDNAが見え隠れする二股ヘッドバンドの
ステッチも赤
攻撃的なバージョンが発売され
一部
茶系購入済ユーザーが
オロオロしていたらしいですが、ご安心ください。

大丈夫です。
CFRPハウジングにしちゃえばいんですよ。

と、思ってバラしてみたら
いままでのゼンハイザーと違います。
ネジ、ネジ、ネジ、ネジ、ねじ多用です。
しかも内部は二重構造。

前言撤回、とりあえずケーブルだけ作ってみました。
Momentum004
よく見ると判るのですが、ハウジング側プラグが
普通のステレオミニより細い2.5mmプラグで
しかも4
極、ロック機構付き。。。

ハンダ付けは難しいし、ロック機構の逃げを考えると
私の頭では不細工なものしか
作れそうになかったので
ロック用の突起を削り落としてやりました。

それはもう気持ちいいです。to gather momentumです。
そういうことにしてください。
これでも、このつるピカアルミプラグにするまで
かなりの回り道の末なので。

そんな事はユーザー
には関係ないですね。
ちゃんと挿し込めればOKなのですから。

ということで
SENNHEISER MOMENTUM用リケーブルは
うちに依頼される場合、容赦なく突起を削りますので。

どこを削るかというと

続きを読む "木綿ぢゃないよ、MOMENTUM"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »