« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

HD25のイヤーパッドcut

ついについに、
amperiorがapple store限定展開(謎)で
日本上陸ですね。

それとはことさら関係ないですが
Facebook
Twitter
アカウントがあったりします。いちおうお知らせで。
 
さて、amperior
買うなら断然SIilverイチオシ!

なぜなら、キャンディカラーに変身させるのに
銀色下地の方が楽なので、amperiorは塗る前提で
ポチるべしです。
でも、パープル系ならBlueハウジングでもアリでしょうか

それよりも、これはアルマイト処理なのか
すでにゲットした人の情報が欲しいですね。

Hd25earpad

マット仕上げの1K4plyカーボンハウジング。

見て欲しいのは、それぢゃなくてパッドのベロ部分。

続きを読む "HD25のイヤーパッドcut"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カーボンハウジング増殖中

最新はこちら。ULTRASONEのSignaturePRO
左右ワンセット、ハウジング交換含んで\54,000+送料

まだクリア塗装前の、型から抜いて
不要な部分をカットして穴だけ開けた状態です。
Sig01
このクオリティで安定してくれれば
ほんとにもう文句なしなのですが
悩むことのほうが、まだまだ多くて。。。

そんなカーボン迷宮への入り口が
オーディオテクニカのATH-ES10

きっかけはこのモデル。

軽くて強いチタン(だえるw)ハウジングに
ほぼ目一杯の53mm径のデカいドライバーと
見てくれもスペックも、くすぐり感たっぷり。

骨太の中に、チラリと垣間見える繊細さ

こんなイメージ戦略でもあれば
ハートをがっちり掴まれそうになりますが
バラしてびっくり、何という事か千反田さんは
高剛性チタンハウジングと謳ってはいますが
ABSのフレームに、接着剤(シリコン系?)を介して
載っかっちゃっているではないですか。
Es10002

さらには、光沢ヘアライン仕上げの
ヘアライン加工が…
傷。。キズクオリティなのでは

これを千反田ハウジングと呼んでいいものか…

全部チタンぢゃなきゃ、千反田さんに怒られます。
でも、残念なことに私の手には余る千反田さん。。

ということで、チタンではなく
なぜかカーボンを使ってハウジングを作り始めたのが
もう半年以上前ですね。

CFRP(CarbonFiberRainforcedPlastics)=
  炭素繊維に樹脂を染み込ませ硬化させたもの

かなりざっくり過ぎますが、要はハッタリが効いて
カッコも良くて、あらびっくり音もイイ!!

しかも、あくまで私の知る限りですが
この素材、CFRPをフルに使ったハウジングは
存在していないので、HD25のケーブル作りで
BOSE M3のスタンドで、極狭なジャンルではありますが
パイオニアの味を知ってしまった魂が騒ぎまくります。

でもどうやって作るのだ??

続きを読む "カーボンハウジング増殖中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »