« ポッキーが折れてても | トップページ | アルミとレザー、ちょいステンレス B&W P5 »

beyerdinamic))))のT5p(11/16追記)

「今度ネジがない」からタイトル変更です。
記事後半の8Nケーブルについても追記しました。


ヘッドバンドからのアーム部分に
それぞれ
ネジ一本づつで、ハウジングは留まってます。

バッフルの方には、一切ネジが無い
ドイツのお家芸、嵌め合わせ構造なので
いっつも
これを開腹するのはヒヤヒヤものです。

T5p001

TESLAテクノロジーのドライバー
見事に美しいですね。
後ろに敷いた綾織カーボンも^^

そういえば、このページから
自分だけのカスタムモデルを
直接ベイヤーにオーダー出来ちゃったりするので
円が高いうちにぜひぜひADD TO CART。

祭り会場で、多分DT990だと思うのですが
キレイなグリーンにカスタムしている人を発見したので
即捕獲wして、じっくり見せてもらいましたが
アーム部分(カスタムのページではYOKEと表示)は
あまり存在感を出さない方向にしたほうが
他の部分が引き立つようになってGOODかも。

フルサイズポータブルのT5pは、残念ながら
ラインナップされてませんが、耳載せサイズのT50pと
半開放型は
880で、990が開放型だったかな。
この二つはインピーダンスも選べるので、
ぜひともここは600Ωで。

あ、話を戻します。

T5p002

純正然として
これまた美しくケーブルが交換できました。
こっちは平織カーボン。

使ったのはVital AudioのVAM265で
これの芯線だけを取り出して、4本構成に。

低域がどうとか、上が活き活きと、とか
何かそういうことを微塵も感じさせない
ネガティブにいうと、何にもしない電線。

個人的にはこういうの好き、といっても
PCOCC(not PCOCC-A)のようにグイグイ来るのも
大好きなので、好きにも色々あるということで。


じつはこれの納品後、ノーリアクションなので
もしかしてハズレだったのかしら…
と、ちょっと気になってる今日この頃です。

そういえば、少し前から新しい銅線を使う事が増えて
(構成は4芯
+OFC網組シールドのケーブルで
この芯線が、ちょっと変わった作りデス。
中心に0.08mmの8N銀メッキ銅線があって
それの周りを、同じ8N銅線のメッキなしのもので
取り囲んである、とても柔らかくて使いやすい芯線)

そちらからサンプルとして頂いた電線が
某所で売られている
「8N銅+シルバーコート」1,470円/mのものと
被覆の感触から、シールド、ドレイン、芯線といった
構造も、内部の素線も、太さから何から
ウリ二つ。
というか、It's the same!!でしょう、コレは。

ここで作っているものだったのですねと
、詳細な
資料も添付してくれていたので読んでみると

ケーブルの銅純度規格を

6N以上と若干緩めてコストダウンした製品
と書かれています。
要は、純度99.9999%(6N)よりは上だけど~

99.999999%と謳うにはちょっとアレなんですよ
みたいな感じですよね。

真摯です。潔いです。


それに比べてBispaときたら…
あっ、某所じゃなくなっちゃった。

本家のサンプルを見て、あれっ!?似てる
と思ったということは、そうです
Bispaから
「8N銅+シルバーコート」1,470円/mを
買ったことがあるからで、試作もしました。

7本撚りの素線一本の径が約0.2mmなので
イヤホンには、これで四本構成に組み直して作る
となるとちょっと硬いかなと
でもヘッドホンなら
大丈夫だろうし、ケーブルの素性は
メリハリ系としては悪くないと思ったので
いちおう問い合わせてみました。


「メーカー不明」となってるのに
8Nと謳う根拠が知りたかったので。

だって、裸の電線を見ても
それが無酸素銅なのか、ただのタフピッチ銅
なのか
まして純度なんて見当もつかないですよね。
銀色にしても、錫メッキか銀なのかは
放置した時の黒くなる感じで違いが判りますが
銀メッキ銅と純銀は、カットしなければ
見分けもつかないですから

これってホントに8Nなんですかね?
、単刀直入にメールをして

確認してみます

とお返事を頂いてから半年。

答えは見つかったのでしょうか。
未だに
「8N銅+シルバーコート」の電線は
通常在庫品として売られています。


銅の純度なんて、別にどうでもいいんです。

ただ、自作を楽しむ人向けに
マニアックな展開をしてるショップが
こういうスタンスでいるのはどうなんでしょう?

というか、わたしは普通にムカつきますよ。


無駄に長く書いてしまいましたが
ホント、4Nだろうが8Nだろうが
HD25みたいにスチール線だって
良い感じに鳴ってくれたら
どうだっていいんですけどね



2011/11/16追記
記事を書いたのが11月13日でしたっけ。

その翌々日に
、忘れずにいてくれたのか
はたまた風の噂でもあったのか

Bispaからメールが届きました。

取り上げたケーブルが現在販売休止になっているので
内容は書きませんが、以前本家に問い合わせというか
頂いた資料とほぼ同じようなモノではありました。が

原稿用紙にすれば、軽く3枚超えのもので
私なら、間違いなく
書くのに丸一日かかるだろう
かなりの大作で、丁寧に回答して頂きました。

キチンとした所で、ちゃんと作られているのだから
それをそのまま伝えてはダメなのですかね。
妄想をパンパンに膨らませてもらうことは
モノを売るにはとっても必要な事ですけど
それだけが先走るような展開になっては
なんだか寝覚めも悪くなってしまいますから
良い夢が見られるようにしていきたいですね。

|

« ポッキーが折れてても | トップページ | アルミとレザー、ちょいステンレス B&W P5 »

beyerdynamic」カテゴリの記事

「ヘッドホン」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます

ばぢるさん T5pのリケーブル記事を拝見しまして

よかったら T5pを線材とプラグ持込でリケーブルしていただく事は
可能でしょうか?

投稿: たんたん | 2012.01.03 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172319/42921577

この記事へのトラックバック一覧です: beyerdinamic))))のT5p(11/16追記):

« ポッキーが折れてても | トップページ | アルミとレザー、ちょいステンレス B&W P5 »