« 2011年10月 | トップページ | 2012年4月 »

アルミとレザー、ちょいステンレス B&W P5

たしか、プラスチックは使ってないんですよね。
ポータブル用途ですが、程よい重さを感じる
とても凝った造りのヘッドホンです。


もう思い出せない感触ですけど
イヤーパッドのフレームと
ミニミニジャック部分も金属素材だったっけ。

Bw04

846収縮チューブがハウジングから伸びていますが
接続部分は、パッドを外した中にあります。

Bw01

銀色部分の溝にケーブルを這わせて
ミニミニの2.5mmジャックに挿し込まれるのですが
そうですね、2mm径で限界でしょうか。


P5のパッドは、磁石でハウジングと合体するので
この溝に完全に埋まるように入り込まないと
パッドが
浮き上がって、マズーですから
かなりの制約になってしまいます。

この部分だけナイロンスリーブを外して

収縮チューブにして厚みを減らしたのですが
それでもパッドが少し浮いてしまいます。

困りました。。

続きを読む "アルミとレザー、ちょいステンレス B&W P5"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

beyerdinamic))))のT5p(11/16追記)

「今度ネジがない」からタイトル変更です。
記事後半の8Nケーブルについても追記しました。


ヘッドバンドからのアーム部分に
それぞれ
ネジ一本づつで、ハウジングは留まってます。

バッフルの方には、一切ネジが無い
ドイツのお家芸、嵌め合わせ構造なので
いっつも
これを開腹するのはヒヤヒヤものです。

T5p001

TESLAテクノロジーのドライバー
見事に美しいですね。
後ろに敷いた綾織カーボンも^^

そういえば、このページから
自分だけのカスタムモデルを
直接ベイヤーにオーダー出来ちゃったりするので
円が高いうちにぜひぜひADD TO CART。

祭り会場で、多分DT990だと思うのですが
キレイなグリーンにカスタムしている人を発見したので
即捕獲wして、じっくり見せてもらいましたが
アーム部分(カスタムのページではYOKEと表示)は
あまり存在感を出さない方向にしたほうが
他の部分が引き立つようになってGOODかも。

フルサイズポータブルのT5pは、残念ながら
ラインナップされてませんが、耳載せサイズのT50pと
半開放型は
880で、990が開放型だったかな。
この二つはインピーダンスも選べるので、
ぜひともここは600Ωで。

あ、話を戻します。

T5p002

純正然として
これまた美しくケーブルが交換できました。
こっちは平織カーボン。

続きを読む "beyerdinamic))))のT5p(11/16追記)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ポッキーが折れてても

普段なら、グリコに電話したりはしませんが
それが11月11日だったら…   ちょっとだけ迷うかも。

ということで、今週金曜はポッキーの日。

でっ、今回は、ポキっと逝ってしまったお話です。

E803


先月末のヘッドホン祭り直前、メールがきて
ウチでペイントしたULTRASONE edition8が
何だか
だらーんとなってしまったと。

くたびれたとか、そういうのじゃなくて
ハウジングがグラグラして、ヘッドアームからポロリ…
してしまいそうらしいので、絶対安静即入院が必要。

祭りには行くらしいので、会場で往診しましょうと。

当日はZ1000とe8の納品もあり、前々回より広くなって
3フロアになった会場内をウロウロしつつ
オヤイデのゼンハイザー用ケーブルに物申さなきゃとか
パープルHAZEなedition9を飾ってくれてる
TAKちゃんのブースは、
相変わらずディスプレイが
中学校の文化祭レベルなのに安心したりしていると
edition8が運ばれてきました。

すぐに現場でメディカルポーチの中から、怪しい液体や
シリンジ、トルクスドライバーを用意して、パッドを外し
バッフルを外して開腹してみると
なるほど位置が変、でもネジはしっかり締まってます。

一つ心配だったのは、塗装するには
まず全部ばらばらにするので、塗り上がって
組み立てた時に、例えばネジ締めのトルク不足とか
ワッシャやカラーの逆組み、入れ忘れとかで
使っているうちに緩んでしまったのでは…

続きを読む "ポッキーが折れてても"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年4月 »