« アルビレオな beyerdynamic T50p | トップページ | ややL字型,、的な for UE UM JH Roothとか »

謎解き edition9 PupleHaze LTD

まずはbefore

E9p00

奥のは、この間デタッチャブル化した最近のロット。
手前が、まさに"もやっ"とhaze化している老体edition9…

で、after

E9p01


見事に生まれ変わりました。
紫のキャンディペイント、ハウジングの外周と
ULTRASONEプレートの周りに、エアブラシで
黒を入れてという感じで、ペイントとしては
さほど難易度は高くないですが、元が
ご老体のedition9でしたので…

完成品は、明日2010年10月30日
ヘッドホン祭り会場のどこかに展示されてますので
ぜひご覧頂ければ。
(画像よりも数倍キレイです。わたしも行く予定です)

ここからは、今回のミッションで明らかになった
edition9の秘密を、ダラダラとお送りします。

最初のbefore画像のように
ピカピカであったメッキハウジングの
アーム取り付け付近とか、外周部分が汚くなってる個体
多いですよね。

せっかくのe9なのに…

今回の話も、大雑把に言えばそんなところから
コロコロと転がっていった結果で、初めは
ピアノブラックにする方向だったような。

まあ悪くはないと思いますが、アピール度は高くないので
そこをこちらのやりたい方向に誘導して
キャンデイパープル(haze仕様?)となりました。

まずは、表面ヘロヘロの原因がわからないと
塗装できないので、じっくり観察。

どうやら、薄い透き通った膜が剥がれているようです。

いわゆる、チャポンと漬けてメッキ膜を形成密着させる
クロームメッキであれば、こういった膜はありえない。
ということは、漬けないメッキ、真空蒸着メッキですね。

膜を作る素材はたいていがアルミだと思うので
その表面保護のためにクリア塗装が行われてます。
で、そのクリアの密着が悪くて、例えば一箇所
ダメージを受けると、そこから被害が広がって
どんどんクリアが剥がれ、晒されてアルミが黒ずむ
こんな感じですかね。

どのみち塗るので、ガリガリ剥がします。

E901

ガリガリといっても、考えもなしにヘナチョコな道具では
表面が悪化して、無駄な仕事が増えてしまうので
(後にまたやらかしてしまったのですが…T_T)
よく切れるスクレーパーを、適切な角度で
表面を滑らせるように、クリアとメッキ面との間に
うまいこと滑り込ませてクリア塗膜を撤去していきます。

この時判明したのですが、実はまったくの透明クリアではなく
ちょっと黒が混ぜられてます。

E902

中央の円形部分、下側はクリアを剥がした部分。
上半分の方が暗いですよね。

メッキのギラギラを少し抑えることによって
落ち着いたヌルピカにしてるのかな。

狙いはわかりますし、その効果も、さりげなく上手く
表れていると思うんですが、耐久性という点では
合格ラインギリギリですかね。

クリアが剥がれたら、塗装といきたいのですが
やはりアルミの上には塗料が密着しづらいので
これはひたすらヤスリがけで落とします。

画像はないですが、なんとアルミの下から
黄金色が。

まさか!? ゴ、ゴ、GOLD!!??

なワケはなく、正体は銅。

なぜ、銅?
アルミ蒸着の喰い付きを良くするため?
e9のハウジング自体は、プラスチックで
先代Prolineシリーズでおなじみの
寝ぼけたブルー(笑)
このままでもアルミ蒸着は出来るはず。

なんでわざわざ…
ばぢる的推察を巡らせた結果
ハウジングの質量を稼ぐ=剛性UP
&良好なシールド効果を得るためなのではっ。

シールドに関しては、その証拠に
銅の下には、導電性塗料が塗られていました。
最初はただのプライマー(下地塗料)かと思っていましたが
ふと思いついてテスターをあててみると
おもいっきり導通してるのを確認。
これは間違いないなと。

editionの名前は伊達じゃないです。


剥離ニモマケズ、みすぼらしさニモマケズ

表面の黒ずみ、小キズニモマケズ
e9をこよなく愛してやまないユーザーさん
三諭吉で新たに生まれ変われます。
ついでにデタッチャブル化もしてしまえば
戦闘力、防護力ともにアップしますね。

オリジナル状態に戻す、アルミ蒸着+クリアのみの
やり直しに関しては、まだ試していないので
興味ある方はメールしてくだされば。

|

« アルビレオな beyerdynamic T50p | トップページ | ややL字型,、的な for UE UM JH Roothとか »

ULTRASONE」カテゴリの記事

コメント

毎度咽び泣きのテクのご披露ありがたい。
本当は75歳位の妖怪人間国宝伝統工芸職人なんじゃないかと思ってしまいます。

メーカーはぼやっとしていないで、試作機やカスタムモデルのBuild顧問として抑えておいた方が良いですな。

投稿: ふ゛り | 2010.10.29 23:27

CEO直々に誉められたらしいです。

ったりめぇだっつうの^^

投稿: ばぢる | 2010.10.31 00:13

地元の靴修理屋、靴制作職人さんに見せました
(年は私より10上のオーヲタ、LPマニア、自宅はオールドJBL&アンプジラ)
靴職人なので、革を塗ることもあるのですが、、
すごいですね、これめっちゃキレイですねと連呼してました
そら、プロですし、学生に教えるほどですしと言うと
ひたすら感心してましたですよ(* ̄ー ̄*)

投稿: taka | 2010.11.01 01:03

こんばんは。以前UE用のケーブルを作っていただいた者です。今日 edition9のカラーリングされたものをヘッドホン祭りで見させていただいたのですが、edition8も可能でしょうか?一応ルテニウムのやつです。詳細はメールでお話ししたいと思います。では。

投稿: ryovvata | 2011.05.07 23:31

自分の持っているedition9のメッキがだいぶ汚い感じになってきたのでどうにか出来ないかなと思って色々探していたらここに辿り着いたのですが、メッキを塗り直すのには幾らほど掛かりますか?
また納期は何日位でしょうか?

投稿: | 2012.05.24 17:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172319/37441405

この記事へのトラックバック一覧です: 謎解き edition9 PupleHaze LTD:

« アルビレオな beyerdynamic T50p | トップページ | ややL字型,、的な for UE UM JH Roothとか »