« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

ALOケーブルをベタ誉めしよう

先日のGRADOタイフーンが原因なのか
一筋縄ではいかないオーダーが続いています。

あっ、もう終わったんですが
ラジコンカーのボディ塗装、一晩で素人5人にやらせろとか

訳わからないのが、プラモデルを作るレクチャーをやれと。

いやいやいや。。確かに細かい作業で、塗装も必要ですが
くくりが大雑把過ぎるでしょ…

中高生の頃は、RZ350とかFX400とか
オートバイ数台
クルマはたしか、当時付き合っていた娘に
ミニ(クーパーだったか)を作って、プレゼントした記憶も…^^

それでも、今のような目を見張るアイデアや

様々な技を駆使する訳でもなく、ほぼ説明書に沿って
コツコツと組立てるのが精一杯。


そんな人にコンテストに出すプラモデル作りを手伝わせる??

上のベンツはガッコの先生作。
イケイケアメリカーン(
ばぢるデザイン)なビートルが学生作

Model001


やりましたよ、本気で。
ただ、学生はパチパチはめ込むガンプラしか作った事はない。
整備士になろうというのに、私よりもクルマの構造とか
各部品の役割とかわかってなくて…

萌え系イラストを書くのが好きだから、出来れば
オリジナルキャラで痛車に仕上げたいと。

で、彼の手描きイラストを見て

この娘、なんていうの?

………

キャラクターを描いているのではなく、ただただ二次元で
女子の形をした、線を描いているという
なんつうか底の浅い即物的なとっかかりで
それぢゃあキャラが動かないでしょ的な所から
(何で私が?というのはこの際おいておきますw)
選択範囲すら使いこなさずに
photoshopで四苦八苦していたりとか
なんでプラモデルにこんな苦労を…の日々だったんです。

ボディの塗装は何とかなるにしても、ドアの大きさが
6cm四方もないスペースに、エアブラシで萌えキャラは
さすがに私でも難易度が高いし、まして彼は経験がない。。

考えあぐねた結果、ALPSの熱転写式のプリンターなら
プラモデルで使う水張りシールが作れたのを思い出して
キャラはそれでいこうと。
そしたら、今はインクジェットでも
タトゥーシールというのがあって、何やら
うまい事出来そうな雰囲気。

ただ、使った事のない素材を
失敗出来ないコンテスト用のボディで試す訳にもいかないので
なんか可愛いキャラはいませんかと。

きらっ☆

1111005

ランカ、きたこれ。

ちょうど、学校の備品ヘルメットを塗っていたので
それでテスト。

結果、ご覧の様にランカが
に…
透明タトゥーシールではイカんという事が判明。

っていうか、ちょっと考えればわかるんですが
このデザインに白ベースでキチンと入っているより
近づいてみてわかる的な方が良いかと思って。

マクロスF、楽しませて頂きました^^


あれ?今回のタイトルなんでしたっけ??

そうそうAHOケーブルの話でした。
誉めるんでしたよね。

1111003


えー、頑丈です。
屈強といってもいいでしょう。

そしておおらか。
ン〜、チョト入ラナーイカモシーレナイデスガ
ソコヲ超エタ所ニALOサウンド、アリマ〜ス。

それは素晴らしい。ぜひ何とかして聞いてみたいです。

続きを読む "ALOケーブルをベタ誉めしよう"

| | コメント (15) | トラックバック (0)

GRADO変調、そして崩壊…

夏っ。
なんて、もう肌が忘れてしまう程の冷え込みですが
池袋でキレイな虹を見た夏の夜、そいつ
GRADOのHF-2は私の元に収容されました。

裸でネクタイ。
GRADOのヘッドホンには、それが正装らしいのですが
これはその中でも特別
さらに変態度をアップしないと失礼にあたる
世界限定500個?、かつ地球ぢゅうのヘッドホンおた達が集う
フォーラムに参加してないと買えない?とか
私のような普通の生活をしてる人々には無縁も無縁
ぢゃ、なぜそんなのがウチに?

はい、こちら

1103005


黄色い線がCDプレーヤーからのRCA出力で
赤い線はヘッドホンの音をマイクで拾ったもの。

横が時間軸ですので…波がずれてます。。。

こっちは反対側のchで、振幅の波が揃ってますね。

1103004


念のため、他のヘッドホンも同じ条件で測りましたが
黄色が山の時その直上の赤も山、ずれていないので
このHF-2は右chが逆相。。
左のドライバーが前に出る時、右側は引っ込んでしまうので
いっこうに立上がってこない、どことなくもやもやした
フォーカスの合わない音が出て、正しいものと
聞き比べてみると、取り替えた瞬間違和感があります。

開けてみたらこんな感じで、なるほどです。

1103002

一個一個手作り、ハンドメイドなのは良いですが
端子位置とケーブル穴の関係とか
何でもっと考えて作らないんだろうか??

それはさておき、このイージーな
うっかり配線ミスのおかげでさらなる悲劇が^^;


続きを読む "GRADO変調、そして崩壊…"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »