« edition8のバランスけーぼー | トップページ | ALOケーブルをベタ誉めしよう »

GRADO変調、そして崩壊…

夏っ。
なんて、もう肌が忘れてしまう程の冷え込みですが
池袋でキレイな虹を見た夏の夜、そいつ
GRADOのHF-2は私の元に収容されました。

裸でネクタイ。
GRADOのヘッドホンには、それが正装らしいのですが
これはその中でも特別
さらに変態度をアップしないと失礼にあたる
世界限定500個?、かつ地球ぢゅうのヘッドホンおた達が集う
フォーラムに参加してないと買えない?とか
私のような普通の生活をしてる人々には無縁も無縁
ぢゃ、なぜそんなのがウチに?

はい、こちら

1103005


黄色い線がCDプレーヤーからのRCA出力で
赤い線はヘッドホンの音をマイクで拾ったもの。

横が時間軸ですので…波がずれてます。。。

こっちは反対側のchで、振幅の波が揃ってますね。

1103004


念のため、他のヘッドホンも同じ条件で測りましたが
黄色が山の時その直上の赤も山、ずれていないので
このHF-2は右chが逆相。。
左のドライバーが前に出る時、右側は引っ込んでしまうので
いっこうに立上がってこない、どことなくもやもやした
フォーカスの合わない音が出て、正しいものと
聞き比べてみると、取り替えた瞬間違和感があります。

開けてみたらこんな感じで、なるほどです。

1103002

一個一個手作り、ハンドメイドなのは良いですが
端子位置とケーブル穴の関係とか
何でもっと考えて作らないんだろうか??

それはさておき、このイージーな
うっかり配線ミスのおかげでさらなる悲劇が^^;


1103001
右chだけがおかしいので、こっち側だけアルミハウジングと
木のチャンバー?部分を分離して、配線を反対に
やり直せば終了なのですが、せっかく開けるハメになったので
ケーブルどうする??とオーナーである
やきそば大臣に連絡。


手に入れてすぐウチに来てしまった上
真のGRADOサウンドを味わってない。
でも、再度このハウジングをバラすのは
かなりの難易度なので、ケーブル換えるのなら…
なんて感じで、電話越しでしばし悩む二人。

が、しか〜し
二人の気持ちは一緒でした。
何故ならたまたま白い被覆のPCOCC-Aケーブルが
良い感じの長さで余ってたから。
いや、ホントの所
実は右chのハウジングをバラしている最中
木のチャンバー部分、見事割ってしまったのです…orz



ここの固定、いわゆる合成ゴム系の接着剤ではないらしく
『接着剤を溶剤で』作戦はあまり効果的とは言えず
やはりここは熱なのかと、中国から取り寄せた竹を
(画像左下、何故か神秘的なタレがついていた痕跡がw)
チャンバーのアールにあわせて削った後、保護のため
木とアルミの部分にかまして、ちょっとづつ
じわじわとアルミハウジングを持ち上げていきます。

ぐぐっ、ぐぐっとじんわりですが動きました
と、思った瞬間
手応えが変わり……木の部分
ちょうどスポンジパッドを支持する
鍔部分を割ってしまいました。。
なんという失態、これはネクタイで首を…

右ch三カ所。

大失態です。

で、弁償しますコールをかけさせてもらった訳です。
預かる際に、このリスクは伝えていたものの
普通では買えないシリアルNo.入りの変態ヘッドホン。
要は唯一無二な訳で、引き受けた際
この状況も想定はしていて、通常使用には支障なく直せる
確信を持っての預かりではありましたが
やはり壊したのは私なので
預かる前よりもプレミアムな変態度にしないと。

という、都合のよい事なかれ主義的展開で^^;
修復&リケーブルとなりました。

オヤイデの白いHPC-22Wが110cm程余っていたので
当初、それに標準プラグを付けて完成の予定が
HF-2に使われている線材を見ると、各端子に二本づつ
0.5mm位の銅線が配線されてます。
二芯(AWG24)+シールドのHPC-22Wだけでは
どことなく心許ないかな。

ということで、片chに1本づつに変更。
(HOT/AWG24×2 GND/シールド全部)
分岐からプラグまでは、二本のHPCの被覆を撤去してから
再度1本にまとめて、黒ナイロンスリーブに通して
標準プラグはAmphenolの端子を、秋月の白いRCAプラグの
ケースに収めて完成。

1103003

丸で囲った所、いわずもがな…補修した所です。
ちゃんとやればコニシの木工用ボンドでも
強度的に問題ないのですが、そこはGRADO
同じアメリカ製(だったと思う)のTiteBond IIを
チョイスしておきました。
こっちの方が、硬化後の強度・耐湿性に優れてますので
耳元が蒸れ蒸れになってしまっても安心かとw

とはいえ、やはり人様のものを
破壊した事には変わりない訳で、反省しきり…
ほんとにすみませんでした。

それでも、検証修理&モディファイを通じて
もうGRADOは恐くない、そんな風に
転んでもただでは起きないばぢるでありました。

|

« edition8のバランスけーぼー | トップページ | ALOケーブルをベタ誉めしよう »

GRADO」カテゴリの記事

「ヘッドホン」カテゴリの記事

「工作」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話になっております m(_ _)m
突然に大変面倒なお願いをしてしまったにも関わらず、快く引き受けていただきありがとうございました。

結果、音質的にも唯一無二のヘッドフォンとして生まれ変わり、我が家ではさっそくメインに昇格し、大活躍しております。

どうもありがとうございました!

投稿: やきそば大臣 | 2009.11.03 23:18

いっそのこと、塗装してしまえば、クラック補修跡は消えるのでは?

オーナーの方も太っ腹ですなぁ。

投稿: ふ゛り | 2009.11.04 22:18

430ドル?とはいえ、逆相につなげるGRADOって…
両方逆相ならまだしも片側だけ逆相ってねぇ…
ばぢる父さんの肩持つわけではないですが、
だいたいすぐ割れるような木を強度が必要なところに、
なおかつそんな形に使うGRADOにも
かなりの問題があるということは
私も中味いろいろいじっている身として指摘をば

投稿: tak | 2009.11.05 00:42

こちらではご無沙汰しております(笑)

やはり片chだけ逆相でしたか。
酒の席で皆さんに、酔っ払っているお前の耳の方が
おかしいと言われた屈辱は忘れませぬw

しかしGRADO…色んな意味で本当に変態ですね。
大臣も男気溢れていますが、師匠も流石でございます。

投稿: AIR. | 2009.11.05 20:37

>>AIR.
こんどは少人数で密着しましょうねw

そういえば帰りの電車では、ずっとあの人と一緒で
まじめな話のさなか、車内トイレをめざす
見知らぬ一人の若者。
んが、トイレの扉がどういう訳か閉まらない…
絶妙なタイミングでの内部ロックレバーの操作が
必要みたいなのですが、若者はすでにゲロゲロ3秒前
いろんな人がいるのですねぇと
妙に納得な一日でありました。

>>tak
そんときは呼ぶのでぜひ。
というか……そんな感じです!試聴会ヨロ

>>ふ゛り
あのウスターソース味のトマトソースには参りましたね^^
自分ちで作れと

>>大臣
とても誉められた仕事ではないですが
GRADO斬りをさせて頂けたのは
とてもとても良い経験でした。
木のハウジングなんか、あれ?作れるんじゃ…
などと、やりもしないのに思ってしまいましたw

投稿: ばぢる | 2009.11.09 08:32

GRADOのリケーブルですか!?
自分はMS-2なんですが、あのケーブルは変えてしまいたいですw

本題なのですが、実は某ブログで見たばぢる様のESW9のリケーブル品に感動してしまったので是非相談させていただきたいのですが・・・
お手数ですが、お時間ありましたらご返事の方よろしくお願い致します。

投稿: さと | 2009.11.10 01:06

こんにちは。
>>木のハウジングなんか、あれ?作れるんじゃ…
この一文に反応してしまいました。
RS1は所有しているのですがMS-1もドレスアップしてみたくなりまして・・・
本気で考えていただけませんか?
可能なようなら依頼したく思います。
御一考ください。

投稿: BBQ | 2010.01.19 23:18

はじめまして。
こちらのgrado HF-2の記事を興味深く拝見させて頂きました。
当方もgrado HF-2とSR-200(HP1000ドライバー)を所有しているのですが、ケーブルの交換をお願いできましでしょうか?
お時間が御座いましたらご連絡お待ち申しております。

投稿: dandan | 2010.06.08 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172319/32056407

この記事へのトラックバック一覧です: GRADO変調、そして崩壊…:

« edition8のバランスけーぼー | トップページ | ALOケーブルをベタ誉めしよう »