« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

こいぃー

こいぃー
すいません、夏の終わりを豪華メンバーで堪能しております。
ドライダー宮城光と
RC211Vを育て上げた吉村平次郎+愉快な仲間たちで
東京ミッドタウン4Fのレストランで
シャルドネなど頂きながら裏話的に盛り上がっております^^

詳しいことは後日書くとして、こんな機会を得られた自分は、きっと誰かのお役に立てるはずですので
どうか生暖かい目で見守って下さいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009夏 K4-GP

10時間が刻々と迫ってきて、全員がピットロードを横切り
ピンクの輝きを放つ、実は中身はボロボロのあのミラと
富士の風を受けて、大きく羽ばたいた紺のミラを
今か今かと、無事戻ってこいと待ち構えています。

1940008


何で私はここに居るんだろう??

レース車の塗装をするというので、ただ面白そうだから。
そんな理由で首を突っ込んでしまっただけなのに

この姿が見られるだけでも、やり遂げた感は十二分に

1940005



初めて走る富士での、順番は決めていましたが
メンバー五人それぞれのタイム、
燃料消費量
給油のタイミング(4回しないと失格)などなど

当日の午前二時過ぎまで、宿泊先のホテルで電卓を叩きながら
(結果、寝坊してしまったのですが^^;)

1940004


目標の150ラップを達成させるため作戦を考え
前日のタイムよりも、本番で縮めてきまくるので
結局リアルタイムで計算し直し、三時間経過しようとした頃
ドライバー交代をした後のアスファルトにイヤーなシミが…

1940002

ミッション辺りからの大量のオイル漏れ。。

続きを読む "2009夏 K4-GP"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試運転

あさって富士スピードウェイで本番なのに
まだこんな格好でようやく試走です。

0814003

女子チームは、やはりちょっとでも可愛く美しくという事で
クリア二回、耐水ペーパーでさらに平滑にして
コンパウンド二種類という感じで、みんなで
一生懸命で磨きあげてくれました。

クルマのセッテイングとか、レースでの
実際の人の動き的なものとかの確認とか
ほんとはやらなきゃいけない事が沢山なんですが
ここから本気モードに入ってくれればと。

外装もご覧の様なルックスで、派手なんですが
じつは内装もスゴい事になっていて
途中の画ですがこんな感じにハートだらけw

0814004

全員のハートをひとつにして
このたくさんの☆を、目一杯輝かせようぜぃ!!

そんなコンセプトなんです。

で、男チームはこれ。

0814002


続きを読む "試運転"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出来た。と思ったらまた始まった…

出来た。と思ったらまた始まった…
8月14日に向けて、学生メンバーは二人辞め
監督不要&リーダー降格・逃亡説などなど
かなりエラい事になっていた
(+1リットル以上の涙と汗w)
K4-GPに参戦する、女子学生チームのクルマ
ペイントが終わり、エンジンが載りました。

後の諸々作業は、ドリフト界の星一徹
ドリフト侍にまかせて(じつは、大丈夫なのかキャラw)
これでやっと開放されると、教頭室でまったり。

「失礼します」と見たことはある顔…

同じK4GPに参戦する男子チームの面々がぞろぞろと。

この子達は、一級整備士クラスでの
カリキュラムの一環としてやっているからかなのか
何となく私のなかでは、面白いレースだと思うのに
なぜにみんな
つまらなそう、苦しそうな空気を漂わせてるんだろうかと…

部屋に入ってきた時も、今どきの子にしては
特に女子チームと比較でもされたら
はるかに礼儀正しいし、ちゃんと学校には来るw

真夏の耐久レースということで、ラジエターを
Vitzのモノに換装してたりと、ぱっと見レベル高そうなんですが
何というか、弾けた感じがしない。。

さてどんな話かというと、ペイントしたいからアドバイスをと。
いつまで?何色?どんな風にとか訊いていくうち、だんだん腹が立つというよりも悲しくなってきて
九割がた引き受けたくないモード。
時間がないのもあるけど、話を聞けば聞くほど
チームとしての意志、っていうよりも、個人自らのやりたいががばらばら、自分達で決めた完成日まで切羽詰まってしまったので、チャチャっと頼んじゃえば良いじゃん的な
超エラそうに言えばw私も安く見られたもんだと。
それでも、学校からは二台出場で
一方は可愛い仕上がり、かつニュースソースとしてもおいしい女子チーム
で、もう一方の男チームもクールなグラフィックだったとしたら
これは相乗効果が期待出来そう?

と、いうことで
小一時間あげるから、全員でディスカッションして
表面上でもいいから、みんなが同じ方向を向いた画を見せてよと。

小一時間後、一応少しは共有している感は感じましたが
果たしてこれは、私がどうこう言わなくても
出来るんじゃね?的なもので、そうなると
こっちのモチベーションは上がらない…

ぢゃあどうしたらいいか。
ただでさえケーブルの遅れがはなはだしい
そんな中、私が関わらないといけなくするには
これはもう、彼らのコンセプトを取り入れつつも
完全に私がデザインしてしまえば
自分の本気モード、MAXにも入りやすい。

てな感じで、急遽デザインというか落書きを書き
これを塗ってくれるなら最後まで付き合う
自分らの画でいくのなら、誰か他をあたりなさい。


結果、わずか三日間で
グッと来るモノが出来上がりました!?

その画像はまた後で^^

女子チームはバラして組み直したエンジンがかかって
感動の涙が昨日は流れましたよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »