« 回して、削って…スゲェ楽しいかも^^ | トップページ | まだまだ準備ちゆう »

きょうのRCA

予想を裏切らずに、また例の道具とお戯れデス^^;

こういうのは、とことん密度濃く突き進むのが
ばぢるの流儀なので(100%言い訳ですが、何か?)
作業場が震える程の異様な雷鳴の中
とりあえず荒削りまで。


0829003

材料は黒檀=エボニー?なんですが、今日8月29日は
焼肉の日らしいです…8 2 9 かw

で、ついでに書くとあさって31日は野菜の日^^

米沢牛とか松阪牛・但馬牛やら偽装牛。。といったように
いろんな牛が流通してますが、この黒檀というのも
育った場所で木質が全然違うみたいです。
今回 のはアフリカものということで、一緒に届いた
ただ黒檀と表記されてたものとは、重さから
黒光り加減などまったく別の樹種のような感じです。

とにかく硬い硬い。
携帯くらいの大きさの切れ端から、手のこで切り出して
(丸のこだと、刃の厚み2mm分が消えてなくなってしまうので)
NEUTRIKのRCAプラグ
NYS352Gのコネクタ部分が入るよう穴開け&タップ切り。

硬質なプラスチックのような感じなので、ネジ山もピシっと
立ってくれるのは良いのですが、この後円柱状に削る際
柔らかめの木なら、四角いまま削り始めてもOKのところ
あまり力持ちではない新入り、KERVマイクロ旋盤では
あらかじめこの程度は角を落しておかないと
ガッガッガッガ…というばかりで、かなりおっかないです。

0829001

この後に、ドリルチャックに銜えられるために
犠牲になってくれたコネクタ部分にねじ込んで
さあ、楽しいウッドターニングの始まりです

この位になると、コッコッコッコッだった音が
シュコシュコシュコと変わって、バイトに感じる抵抗も
だいぶ少なくなって、ほぼ丸くなってきた証拠ですね。


0829002

今使っているバイト(刃物)は、スピンドルガウジという
丸刃の彫刻刀のオバケみたいなもので
主に荒削りで使うものらしいです。

材料は常に自分の方に向かって上から回ってくるので
手前にあるツールレストにしっかりとホールドして
刃先の当たり方を変えないよう、横移動を繰り返します。
この時に、ツーレストはギリギリ材料に近づけた方が
刃先の暴れが抑えられて、スムーズに削れます。


ここで一ヵ所、おかしな所が。

右側の丸いモノ。
ベアリング入りの回転センター
というもので、先端に60°突起があって
材料をモーター側にグっと押し付けている、とても
重要なものなんですが、よく見ると回転してません。

ホントなら、一緒に回転する位
材料側にグサッとさせないといけないのですが
最初からちょっと精度が悪くて、フリーで回転させると
目視でわかる程偏心(0.5mm位)しちゃってて
この状態で押し込んでも、削れるし回りはしますが
明らかに音が変だし、削り上がりも
若干の尻すぼみになってしまうので、交換部品が届くまで
気持ち押さえる程度で回す事に。
(さっき届きました^^ ありがとうオフ・コーポレーション
さん)


と、これを読んでもちっとも面白くはない…ですよね

なんていうか、難し楽しい感じ。

やってみないとわからないですよね。。


3.5mmのステレオミニプラグは
近々オク予定してますので、変態の皆さん
どうぞ(*´д`*)ハァハァしていてくださいw

|

« 回して、削って…スゲェ楽しいかも^^ | トップページ | まだまだ準備ちゆう »

「PowerTool」カテゴリの記事

「工作」カテゴリの記事

コメント

(*´д`*)ハァハァ

でも個人的に銀orロジウムorニッケルの銀色のプラグのほうが
黒檀の黒に映えそうな気もするんですが、
その辺色的にどーでせう?

投稿: tak | 2008.08.30 04:01

金メッキ特有の色も乗るし…ということですね、わかりますw

ただ、銀は酸化変色するのでパスですよね。
ロジウムは高いでしょ。
ニッケルは、ん〜…売りづらいかなw

ブラック&シルバーで
コントラストがつくと思いきや、意外とそうでもないので
逆に、楓とかと白っぽい木の方が
落ち着いた雰囲気になって、シルバーは合う気がします。


投稿: ばぢる | 2008.08.30 07:44

プラグのメッキ云々は廃人さんですよ
せっかく自分で使って一番耐久性がよく、
音においても変化が少ないと感じたオヤイデプラグを使ったのに、
ニッケルメッキがどーこーと(略
私とAIRさんの意見としては、プラグのメッキでそこまで音色でないでしょーと
ネットの評判からなんとなくロジウムは避けたい感じですけれどね
ちなみに銀の黒色変化は酸化ではなく、硫化です
ところで東急ハンズの年一度のセールハンズメッセで
木材や金属の端切れが安く(100円~)売られていますぜ
新宿店のウェブ広告をご覧ください
すでに行かれていたらごめんなさい

投稿: tak | 2008.09.01 11:40

>>ちなみに銀の黒色変化は酸化ではなく、硫化です

おお、いぶし銀ですね。勉強になります。

>>ハンズメッセ
http://www.hands-net.jp/goods/8637-007008013
これ、かなりな候補だったのですが
ネジ切りが出来ないらしいので、迷った末見送りました。

でも、この値段なら買いですね。
う〜。。

投稿: ばぢる | 2008.09.01 12:21

使う側からすると銀プラグでも問題ないような。
もし外装が硫化して黒ずんでもRCAが噛んでるプラグ内部
は問題ないかな?
ということで純銀製のRCAとかバナナプラグ使ってますけどね・・・。
経年劣化の場合は新しいのに変えるか、接点復活とかで掃除すればいいやという楽観的な考えですね・・・。

投稿: ntzg4 | 2008.09.01 13:58

なるほど、純銀RCAですか…
いわゆる依存症ですね、わかりますw

バナナだったら、なんとなくアートクレイで作れそうです。

材料費だけでいくらになるんだろ。。
探せばどこかしらで、チャレンジした人いそうですよね。

投稿: ばぢる | 2008.09.02 23:44

なんだかコケシ風やマトリョーシカ風のモノも面白げ。

切削屑は集めて指先で固めて火を点けると御香のようになりません?

投稿: ふ゛り | 2008.09.03 07:44

治具…
もう削り終えた形に合わせたバイトを作ってしまうのがいいんでは?

自分のいる研究室ではよくそんなことやります。
金工orプラの場合ですが。
Oリングのはまる溝を掘る!なんていったらOリングの半径に合わせたバイトを作って削りますし、
逆に真ん中に出っ張りのあるプーリー作りたい!っていったら真ん中だけ削れないようにしたバイト作っちゃいますし。

はたして木工で出来るのかはしりませんが^^;
確かステンレスの板とかでやってる人を見たことがあるようなないような…きのせいかなぁ?

投稿: strv | 2008.09.05 10:29

>>はたして木工で出来るのかはしりませんが^^;

基本刃物をアーティスティックに操るものらしいので
大量に同じものをとなると、ルーターのようなものを
制御して走らせてるみたいですね。

って、二桁違う話です…orz

>>集めて指先で固めて火を点けると御香のようになりません?

切削屑は、それ自体が磨き粉になるので
#240………#1000とやった後、指でつまんで押し付けて
そのあとワックスとかで仕上げるとGoodっぽいです。

投稿: ばぢる | 2008.09.05 13:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172319/23322884

この記事へのトラックバック一覧です: きょうのRCA:

« 回して、削って…スゲェ楽しいかも^^ | トップページ | まだまだ準備ちゆう »