« どんぶりとお鍋でビシソワーズ | トップページ | なつのあまやち »

お試し

0807001…色


…ボケ


…光


全〜部







おかしい!!

ですよね。





普通の写真を、ちょこっとイヂって
作り物の風景を撮った感じにするの、なにげに流行ってるんですね。

モノホンの模型を撮ると、小さい被写体をわりかし近接で撮るので
被写界深度(ピントの合う範囲)が狭くなって
光も当然フラットめ、で、モノホンではない「作り物」なので
色も、いわゆる原色の塗り絵チックな鮮やか系になる。

この一連の事を、Photoshopなどの画像加工ソフト上で
ピントが合ってないボケ部分を作って、コントラストを上げて
鮮やかさの調整で、彩度をどギツイくらいあげちゃって…とか
意外と、それっぽくにはすぐ出来るので
ジオラマ風とかミニチュア風でググると詳しいやり方もわかるし
上手な作品がいっぱいあるので、なかなか面白いです。

これ用の素材集めのためにカメラ持ち出しても
何気ない工事現場とかに、おもわずグっと来てしまったり
今までとはちょっと違った視点で見るようになるかも。

基本は、出来るだけ高い所から広角系で撮る。
そうすれば、後の加工がやさしいような気がします。

どの世界にもすごい人はいるもので、上の写真は
とりあえずお試しさせて頂きました〜程度なので
かなり恥ずかしいデスが^^;

お試しではなく、本番一発勝負で作ったのが
mogamiの2534を使ったHD25用ばぢるスペシャ〜ルっ
2534002
HD650系では
もう何本も
作らせて頂いてますが
2534をHD25で。
となると
クランプ部分に
収まらないので
6mmという
その外径が
ちょっとネックです。
で、黒いジャケットは
縦裂きで全撤去。
使わないシールドも脱がせてスリーブに通して、これで
5mm弱になったので
クランプ部分の
厚みのある方の板を、少し削ってあげれば
ご覧の様にガッチリ留まります。

めでたし、めでたし。
とはいかないのがお約束w

4芯+シールドのモガミ2534
芯線一本の太さは1.5mm、これをそのまま片ch二本使うと

幅約2mmのHD25のヘッドバンド溝には収まんない。。

シールドを、HWS-22の様にLR共通で使うようにすると…

4芯のメリットがないですよね。っていうか、シールドもう無いし
そしたらクランプに留まらない。

ではしょうがない、また超地味〜な作業のはじまりデス。

GND側にする芯線の被覆を剥がして、HOT側に巻き付けて
熱収縮チューブでまとめれば、2mmはちょっと越えてしまいますが
むぎゅっと押し込めば、何とか溝にハマってくれるようなので
早速被覆を剥いていきます。
右出しの場合、L側43cmR側12cm。

剥いていきます。

剥いていきます。

けないー!!

ワイヤストリッパーで3cmずつとか剥き進めていっても
絶〜対どこかで、20本あるOFC線の中から犠牲者が出てしまいます。

縦裂きならどうかというと、外装のそこそこ厚みのある
PVCを裂くのとは違って、少し硬めのポリエチレンで
刃を入れて大丈夫な深さは、0.5mm以下でないと。。

20cm位やったんですが、相当な熟練もしくは
何らかの治具を作らないと、
また犠牲者が出て
なんちゃって2534になってしまいます。

じ〜っくりやれば、1mも裂くわけではないので
出来なくはないですが、時間が…


なんとかもっと、オーライな気持ちwで
かつ、そんなに時間のかからない方法を考えないと。

2534の透明と青の芯線
眺めること数十分…


んっ!?

透明か。

ということは、中の銅線が透けて見えるってことで
刃を入れて裂こうとするから、犠牲者が出るわけです。

試しに、机の上の
(ノミ)を
平らな面が上、角度のある方を被覆に。という風に
押し当てる感じで削っていくと
これはうまい具合に削ぎ落せます。しかも透けているので
どのくらい削ったかが判り易い。

ポリエチレン被覆の一面を、もう限界っな薄さまで削いで
その薄くなった面に向けて、中の銅線を引っ張ると
自らが、その硬いポリエチレン被覆を
シュルシュルとカットしてくれるではないですかっ!!

あとは、HWS-22でやっているように
なるべく均等にHOT側に巻き付けて、2mmの熱収縮チューブを被せて
これで何とかうまい事で来ました。

PCOCC+HD25では、抜群なメリハリ系に変身しますが
2534ちょい太OFC+HD25の場合
クリアな領域が、高低まんべんないグッドバランスで
さらに音場も少し広がる印象なので、聞いた事は無いのですが
アイルランドではなくて、ドイツで作られたHD25を
ブラッシュアップすると、こんな風??
といった印象で、これもなかなか良い味かもしれないです。

むふーぅ、音って難しいですね。

視覚の変化は、それこそ一目瞭然という言葉があるように
判り易い感じがしますが、聴覚の場合
鼓膜から入力された信号を、脳に伝達して処理する
といった風ではなくて、『感じる』的要素の方が
こと音楽に関しては、大きいような気がします。

なんて感じで

さぁ!!
ばぢるケーブルに新しいラインナップ
2534がメダルめざして仲間入りです^^


HD650用には、CARDASコネクタと
同じくCARDAS QUADハンダでこんな感じ。
080703

|

« どんぶりとお鍋でビシソワーズ | トップページ | なつのあまやち »

「カメラ」カテゴリの記事

「ヘッドホン」カテゴリの記事

コメント

ドイツな話は、そんな感じです。
2534ロゴにキレイな 3G iPod、決め手は惣菜レッド!!
整列している十字穴もグッド!!
ばぢるさんの写真はミョーにソソリマスw

投稿: MM.ヴィレ | 2008.08.08 11:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172319/22837048

この記事へのトラックバック一覧です: お試し:

« どんぶりとお鍋でビシソワーズ | トップページ | なつのあまやち »