« ぎゃる風味チョロQ | トップページ | お試し »

どんぶりとお鍋でビシソワーズ

この時期、なにげにいつも
冷蔵庫でコロコロ(実際は新聞でくるんであるのでコロコロしないw)
としてるジャガイモ。

バター乗っけて、ホイルでくるみーの
あとはオーブンで焼くだけで、もう気分は北海道のじゃがバタ。

なぜか良い奥様の必須アイテムのように
崇められてる肉じゃが。

サックリ衣で中ホクホクも良いけど
冷めてソースまみれでも、これまた幸せなコロッケ。

それから、これは外せない
全国のアホ男子達のお料理童貞を
奪いまくってるであろうカレー!!

などなど
とっても身近なじゃがいもですが
あまりに沢山だと、使い切れなくてしなしなにしちゃったり
気が付くと、子供を作ろうとこっそり発芽とかw

ウチも、このままでは毎日ジャガイモのお味噌汁か…
なんてことになりかねない感じで
コロコロ勢力が一気に山形から届いたので
なんかこう、目先の違ったレシピを探していたら

夏にぴったり
冷やして頂くビシソワーズ発見です。

名前は知ってましたが、作ったことはモチロン
食べたことなどもなく、今日まで生きてしまったわけで‥

このまま死ぬのも心残りですし、いまわの際に


『び・び・びしそわーZzz』なんて事になれば


びしそわーづって誰なのよっ!きぃー!!

ってな事にもなりかねません((((;゜Д゜)))

出来ることなら安らかに逝きたいので^^;

作ってみたのがこれです。

0730


っていうか、普通はまずこれありきですよね
無駄な前フリ、すみません。。

赤いのはプチトマトをすりおろしたもので
他には見ない、ばぢるオリジナルです。

二つ三つレシピを覗くと、なんとなく想像はついてましたが
茹でたジャガイモを裏ごしするの巻、があり
裏ごしアイテムの無い場合はミキサーでと。

無い。裏ごし器は無い。

ある。ミキサーはある。

けども、あれを掻き分け発掘する気は無い。

さらに作り終えた後、
洗ってそのまましばらく放置…

という絵は、容易に想像が出来るので

以下、どんぶりとお鍋一個で作る

とりあえず
    あらぬ疑いをかけられずに安らかな眠りを迎えるため
』の

びしそわーずレシピ(二人分)です。

  • ジャガイモ(大なら1個、ちっちゃいのなら3個)
  • 牛乳(500ml)
  • コンソメ(小さじ1〜2)
  • バター
  • こしょう
  • プチトマト 

コンソメ以下、調味料系は塩梅見ながら適量で。

最小限の道具に加えて、夏のレンヂ周りは
とにかく熱気ムンムンなので。出来るだけ火に掛けずに
という事も考慮(手を抜いて)して、ほとんどのレシピにある
タマネギと炒めるという、とっても大事そうな工程
ガン無視してますので、ちゃんと作りたい方はそちらでw

ジャガイモは1cm角程度
潰しやすい大きさに切って、まずどんぶりに。
すぐに調理するので、水にはさらさなくても良い?
どんぶりにラップして、3分ほどチン
flairしたら、
塩・こしょう・コンソメなど加えて、一度かき混ぜてからさらに3分
ここからは力技というか、木べら、スプーンなどで
ちょっとずつ牛乳を入れながら、ひたすら潰します。

牛乳は入れないで、ポリ袋へ入れて
木鎚で叩いて潰しても、男の料理っぽくて
女子たちにウケるかもw

しばらくコネコネすれば、ペースト状になってくるので
残りの牛乳とバターを入れた鍋に移して
さらになめらか〜にするため、お味噌を濾したりする
麺類の湯切りで使う、ザルの小さいの(なんていうんだろ?)で
すくいつつ、グッグっとヘラで押し出して
フツフツにならない位の弱火で温めます。

とろみがあり過ぎたら牛乳を足して味見。
この段階でもけっこう美味しいと思いますが
グッと我慢で冷蔵庫へ。

一緒に冷やしておいた器に入れたら、最後に
おろしたプチトマトを
盛り付けて、楊枝などでクルン
typhoonとしてあげれば…

これまた女子たちは

大胆さと繊細さのギャップに

それはもう召し上がれっ
heart04って


…んなワケないかw

|

« ぎゃる風味チョロQ | トップページ | お試し »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

何事にも、全力投球…
をさせてくれる奥様もすんごく旦那思い。
直球ゆえ‥
敵も造りがち?
しかしながら、サラリーマン世界の超変化球よりもズゥ~と気持ちいい。
そんなところも、しっかりと受け止めてくれる理解ある高速管理人。

次回オフ会のシェフならば‥
「味」の感想も半端な意見はではとおりませぬ!

投稿: ピ~ | 2008.07.30 23:16

シにそうになったら言ってください。
舌を噛みそうな名前のスープを鍋一杯に持って、工房を漁りに行きます(笑。

あ、ミキサーですか?
あのボール盤の下で見かけたような気が、、

せっかく自宅で洒落た料理を作っても
「こんなのどこで食べたのよ!」
って雰囲気になるんですよねぇ(死

次回一品ヨロシク~♪

投稿: ふ゛ | 2008.07.31 07:21

この時期なら枝豆のビシソワーズも美味しいですよ。
あーなんかすごい作りたくなってきました・・・じゅるり。

投稿: Chris | 2008.07.31 09:23

>>Chrisさん
な〜るほど、それは潰すのが楽そうですね。
山形から「だだちゃ豆」送ってもらえたら
オスソワーケしましょう^^

冷静に考えると、後の手間があったとしても
すりこぎなり、ミキサーを使った方が断っ然楽チンだとw
今になって思います…_| ̄|○

>>ふ゛
宿題ですが、ボール盤で回す前に
2×4材とかの20cm程度の切れ端に、3.5mmの穴を開けて
それにプラグごと突っ込んで
ナイフで削るようにすれば、危なくないし結構短時間で丸くなりますよ。
ボール盤は最後の仕上げのときだけ、プラグを根元まで
加えさせて回せば、そこそこ芯も出ますが
ネジ山が微妙に垂直に切れてないのでw、ちょっと苦労するかも。

>>ピ~
えー!?、そんなに敵がいるんでしょうか…わたし?

だから迷惑メールがイパーイ届くのかw
そのくせココ読んでるんですよね。

……アホかと。

投稿: ばぢる | 2008.07.31 10:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172319/22651527

この記事へのトラックバック一覧です: どんぶりとお鍋でビシソワーズ:

« ぎゃる風味チョロQ | トップページ | お試し »