« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

0.5mmなのに…4Nオヤイデ

0.5mmなのに…4Nオヤイデ
仕上がりの外径6mm弱になってしまう。。
NEUTRIKのL型ミニ、内径広げないと入らないんですよね…

前も書きましたが、0.5mmに同梱されているテフロンチューブは
ガバガバ過ぎて、なんか音も腑抜けになりそうなので
ワンサイズ下の0.5mmと
AWG26(0.4mm)で試してみました。

参考までに、それぞれ外径は1.55mm/1.45mm/0.9mm
AWG26使いたい!!
コンマ5mmの差はデカいです。

が、どうやっても無理でした。
少しは入りますが進まない。
ええ、半日かけても進みませんでしたw
0.5mmは銀線が真っ直ぐなら余裕です。
ちょっとだけ掴めたコツは
線を入れるんではなくて、チューブを進めるようにした方が
ぐにゃん率は確実に下がりますw

で、AWG26に未練たらたらながらも
0.5mmでHD25用に作り始めたんですが

二本のテフロンチューブを撚って熱収縮チューブに収めると
3mm超になってしまって、ヘッドバンドの溝に収まらない気が…

仕方がないので、ヘッドバンドの所だけ1mmの熱収縮チューブ
これでも、撚っちゃうとキツキツですから並行で

それ以降、LRそれぞれ5cmで一回転程度に撚ったものを
合わせて同じ方向に撚りあわせて、4本が合体しました。
あっ、カルダスコネクターを使う場合、まず最初に
コネクタ端子にハンダ付けしてから作業した方がやり易いので
合体前に必要なチューブを通しておかないとw

この後、テンションかけながらテフロンテープを巻いてくんですが
どうしてこれが難しー
45°キープでテープの半分が重なるよう
ひたすら集中しているつもりなのに
シワが寄り始めたり、テープがコロコロ転がってしまったり
最悪なのは、巻きつけてくうちに
せっかく撚りあわせた線が、ほどけていってたり。。
なんかこう、言葉ではうまく伝わらないと思いますが
巻き方向と力加減、テープを巻きつけていくのか
それともケーブルを密着させていくのか
頭も手先も使う、微妙な作業だったんですね^^;

というのも、オーグや今回の4Nは
そこそこしっかりした線材なんで、慣れればもっと美しく
しかも早く巻けそうな感じもしますが
ここ最近、何故かオーダーの多いポーラス銀線

…超むずかしい。。
ほぼ糸並みの柔らかさ
線自体も極細ですから、あまりテンションかけられないし…

途中的雰囲気で
ここまでにしますw

ちなみに、線をZ巻きにしたら
テープをS巻きにすると
線の撚りあわせがほどけ難くなるみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青い果実とお祭りと

連休明けの翌日7日、山形から帰って来たんですが
その車中から見た空に、ヘンな雲があって
地震雲だったりして?
なんて話をした夜

ゆらんゆら〜んと揺れましたね >_<

最初の揺れでもフリーズしましたが
さすがに二度めは、慌てて二階へ駆け上がろうと
廊下に出た私の視線を釘付けにしたもの…

段ボール箱の寝床から、顔を出して
お揃いで揺れている
丸い目を、さらにまんまるにした猫達
(=@ェ@=)

思い出すたびにクスッとくる光景なんですが^_^
こんな風に笑えるのも、被害がなかったからですよね。
(作業場は、平積みのCDとか少し雪崩が起きてましたけどw)


50901 帰る日のさくらんぼ。
これから、実の間引きとか
陽がよく当たるように
葉っぱも剪定して、真っ赤で
大きな美味しい佐藤錦に
育て上げてく大事な時期ですね。



のんき君も、今からやる気まんまんです。
50902




こんなのも居たw
50903
素材はほぼ紙。
お張り子ですね。
そんなには古くないそうですが
あちこちに補修の跡が。
大正時代のモノだそうです。

続きを読む "青い果実とお祭りと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらぢゃないよ

東北自動車道、白石あたりで完全ストップに
一回だけ遭遇しましたが、その後は

Img_1107 ほぼ1XXKm/hで
クルーズとまでは
いかないまでも
そんなにイライラせず
無事到着いたしております^^

Img_1149





Img_1191 夕方撮りました
真っ白といっても
良い位の桜のような
花びら

佐藤錦ちゃまw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀だらけ、のち逃亡、時々GW

なんか世間はバタバタというかグダグダですが
わたしはキッチリ9ヶ月越しのオーダーf(^_^);仕上げました…

Aug01 オーグライン0.4mm
+CARDASコネクタの
HD25右出しケーブル
17,000円位?

黒白編組スリーブの中身がキラキラしてるのは
シルバーメッキの銅編組線が透けてるんで。

カルコネを使って作る時は、使う線材によっても違うんですが
先にコネクタにハンダ付けしちゃってから、LRそれぞれ撚って
分岐から合体させて…という感じが楽みたいです。

こんな風
Aug02分岐部分の熱収縮チューブ
入れ忘れたりとか
段取り間違えると
大変なことになりますがw

この他にも、ここの所なぜかシルバーの風が
吹き荒れてます。
Polous00
オヤイデの
ポーラス銀線です。
HD25用を作る前に
まずどんな音なのか
実験の意味も含めて、ULTRASONE用に。




続きを読む "銀だらけ、のち逃亡、時々GW"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »