« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

生涯最後の

生涯最後の
ンな、大袈裟なw

何のことはない、HD580の二股分岐のカバーですが
たぶん作るのは、これが最後になるかな?
という事は
わりと真面目に思ってます。

どこぞから、コネクタ部分には黒壇をあつらえて
財布の口を開かせようというのが見え見えな
コーキュウヒンが発売されたから

ではなくて、カ○ダスがハウジング端子を販売するから

でもなくて。。
要は、とっくにケーブルは出来上がってるのに
これを削り出すのに時間がかかるばっかりに
すごーく待っていただくのが申し訳なくて。。

いやいやいや、作業自体はむしろ大っ好きで
一日中やってても良いくらいw
この手前の細身のノミなんかは
リサイクル屋のがらくたコンテナに半分捨てられたみたいに
いつ貼られたか判らないくらい色褪せた
300円の値札がついてて、おまけに肝心の刃には
明らかにグラインダーで研がれた青い焼け色が…
この木のカバー作りをやってなかったら、アゲルって言われても
イラナイ!!ってなぐらいの代物ですが
何とも使い易そうな刃幅に、コンテナから救出して
金剛砂で裏研ぎして、グラインダーの熱で
なまっちゃったであろう所まで、実際はモロくなってても
研ぎ倒してあげて、今ではホント気持ち良く
シュコッ、シュコッと切り屑を出して役目を果たしてたり
びわの木(夏に枝を落としたウチのです)が
しっとりきれいな木肌だったことに気が付いたりとか
他にも色々、ワンダー満載な工作なんですが…

今後は、分岐させないでプラグから直に二本出しで
スリーブでまとめるのがひとつ。

それから…
なんともう一種類リリースです!!
あなたも知ってるあの洗剤、ぢゃなくて
線材を試してみたら、HD650系のおいしい所を
よりブラッシュアップしてくれる感じ。

どちらかと言うとHWS-22はメリハリ系ですが
あの、650系のわざとらしく思えるほどの包まれる感じ
さらに気持ち良いです。もう、抱いて抱いて〜デスw

モチロン、ぼったくります。
そりゃあもう、ぼったくりますとも( ̄▽ ̄)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いたずら'HD590'の巻

いたずら'HD590'の巻
オアシスとか、U2なんかも
HD580より590の方が断然イイのね。
595だと、なんか遠い感じ。
ワイドでパンフォーカスみたいな。
その点、590はどっちかというとシャリ系ですが
このケーブルだと締まって気持ち良いです。
背景はきれいにボケて
テーマが浮き上がるかのようで。

やっぱ欲しいかも…
HD590。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柔らかケーブル(フニャw)

ここの所、カスタムメイドなオーダーが多くて

オクに出してるのぢゃ物足りんのかっ!!

なーんてことは、完成までのうぅ〜ん…な道のりを
超〜道草(ハンパなくデス)しながら作らせてもらってるので
逆に楽しいからイイんですけど、アレだって
世界に一つの、オンリーワンなケーブルなのです。
お願いだから取引ナビにはスパっと書き込んでください。
もう、入札する時には
下書きを作っておくくらいの余裕が欲しいです。
そこまでぢゃなくても、せめてちゃんと最後まで嫁。

と、軽く叫んだ所で
ちょっと前に作ったモガミ2520仕様です。
080127a
外径2mmですが
ギリギリ
ヘッドバンドの溝に
押し込めるので
HWS-22同様に
純正と変わりなく使えます。

黒の編組チューブでというオーダーでしたので
ハウジングに留めてある所からプラグまでが真っ黒です。

続きを読む "柔らかケーブル(フニャw)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪宇宙

08203a_2











 

 夜半の3時頃から降り始めて
 
 今8時ですが、5cmくらい積もってます。

 

 れれっ?

 雪ではないですねw
 

元画像はこれです
08203b
5時頃、まだ完全に白く覆われてない中

街灯の明かりに
マンホールだけ

静かに光ってたので撮ってみました。

20秒も開けてたので、街灯部分にフレアが出て
一瞬、いい感じに思いましたが
それもほんの一瞬で…。でも捨てちゃうのもなんだし
マンホールのとこだけ切り取ってみました。

ぎ、銀河に…銀河に…ミエナクモナイ??


と、ほんの息抜きで書いてみました。

期待してた人、ゴメンなさいです^^;

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »