« GOING UNDER GROUND(あってる?) | トップページ | ウチの大輪 »

エキノコックスは危険ですが

Equinox(イクノックス?)というStefan Audio製の
HD650系用ケーブル(約3万)を、ULTRASONEのフラッグシップ
edition9におつけっ!!

などと言う、たいへんご無体なオーダーを頂いたのでw
その前にちょっとお遊び☆

で、とりあえずHD25で試してみましたが…

ふわ〜あ〜、部屋中レースのカーテンか!?
とまではいきませんが、なんというまったりサウンド。
それでも、レースなので見通しがイイ。もの凄ーく見通せるw

まったりのくせに解像度(?)があるという
、不思議キャラです。
HD25っぽさは引っ込みますが、値段を抜きにしたら
ハマる人にはアリでしょうかね。わたしはダメですけど^^


2.7mあったものを半分にされてて、プラグ側をedition9用に
加工させて頂く予定です。

ハウジング端子側の残り半分のケーブルには、すでに
カナレっぽいミニプラグが付いていて、これもスイッチクラフトの

35HDBAU交換ということで、まずは解体です。
112101

…!?…何か汚いし
根元割れてる。。
あまり気にせず進めましょう。


112102 吸い取り線を10cm位
消費したところですが
前にハンダ付けした人の
苦労の跡が
窺い知れますね。

この後は、それぞれの端子にハンダごてを当てて
配線を抜いて、ちゃちゃっとスイッチクラフトに交換です。

なんちゃって^^
遊び道具を前にして、わたしが何もしないはずはないw

ということで、今となっては旧型の
112103 ソニックインパクトで
バランス駆動デス。

グリーンのは
カナレの定番4芯ケーブル、4E6S。
この組合わせ、この間
AIR.さんは聞けなかったんですよね。。
もったいないw

途中にスイッチクラフトの4ピンミニXLRも付けたので
変換ケーブルを使って
、標準プラグでも
使えるようにして
みました。が、今考えると
わざわざ高いミニXLRにしなくても良かったんです。
だって、ミニだと4mm径でもキツキツなんで。。

4E6Sでも、HD580とは思えない力強さと
カップリングコンデンサを替えたからなのか、電池だからなのか
情報の多さかつ音離れの良さで、すんごくキモチイイ。

Equinoxではどうでしょう?

…あれ?? L側 音が来ない。。
なんて一瞬もありましたけど、出てきた音は
HD25での印象とはかなり違います、というか相性なんでしょうが
ゾクゾクするようなリアルな感じです。

スピーカーをニアフィールドで鳴らして、まさにココッ!!
みたいな、ピンポイントにハマった時の
ちょっと「こそばゆい」感覚に包まれちゃう感じ。

んー。
5,980円のあきばおーでポチっとした、ディスプレイなしの
ポータブルDVDプレーヤから、同軸デジタルでDr.DAC2
(I/Vが627AUでLPFはLM4562、ラインアウトが627BP)へ
そこから30ドルアンプのソニックインパクト。
で、ケーブルがHD580より高いという
ハード面のマネーバランスはまったく無茶苦茶なんですが
何??
この満たされた感じは。
響きも文句なく気持ちいいし、カラッとはしていませんが
その程度な潤いで、自然と呼吸も落ち着いてくるような…

Dr.DAC2直挿しの時は、少しこってりし過ぎで
お腹いっぱいに感じたのに、やはり不思議ケーブルです。

さて、この時は最初のLchのプチトラブル
ソニックのスピーカー端子へのケーブル挿し込みが
甘かっただけだと思っていましたが…

なんとEquinoxやってくれました。。

一通り遊ばせてもらったので、スイッチクラフトのステレオミニ
ハンダ付けしちゃおうと思って、スピーカー端子から外して
LRを再度確認。
かくにん。
カクニン。。テスターが反応しません。

あれれ?もしや…

はだか銅線だと思っていたら、リッツ線でした。
いわゆる銅線の1本1本に、エナメルとかポリウレタンとかが
コーティングしてあって、これを剥がさないとハンダが。。

イヤホンとかではよく使われていますが、この太さで
リッツ線とはっ。
112104 被覆の径は1.6mm
中の撚り線は
AWG18(1mm位)で
ほぐしていくと、その構造にも
不思議炸裂です。

うー、眠いので続きはまた。スミマセン。。

また眠いですがw追記
上の三ヵ所の○、線材の太さが違うんです。
水色が一番内側で、最も細い11本。
ミドリがその周りで、真ん中とは逆方向の撚りで
中くらいの太さ17本。ピンクの大外が一番太くて、これも
真ん中とは逆撚りの17本といった構造です。

リッツ線とこの構造によって、あのマッタリ高解像な
とても
Equinox=昼夜平等ではないと思われるw
不思議サウンドになってるんですね。いやー面白い。

おもしろがっていてもハンダ付け出来ないので
このコーティングを剥がさないと。
112107 シンナーで溶けるような
ヤワなものではないので
剥離剤登場です。

車用の塗料なら
二液のウレタンでも、あっという間にブクブクと
塗料を鉄板から浮き上がらせちゃう、目に入ったら
ものすごーく危険、皮膚でも柔らかい場所なら
クゥーと思わず声を上げてしまうほど
取扱注意なドロドロした溶剤です。

昔からナトコのを使ってるんですが
サンドブラストで下地処理をするようになって
開けたのは何年かぶり、イヤな予感はしていましたが
案の定、カッピカピになっていて…_| ̄|○
結局使えなかったので、ホームセンターで
カー用品コーナーからホルツのと、塗料コーナーで
日本ペイントの2種類買ってきました。

最初ホルツを試したんですが、反応無しっぽい。
反応すれば、ブクブクと塗膜が浮き上がるはずなのに。。
温度が低いと反応し辛いので、線と器を40度程度に温めて
別の線でやってみても、ちょっとだけ柔らかくはなりますが
ブクブクとは来ないです。。
日本ペイントの方も、ホルツよりはちょっとマシ
といった程度で、ん〜??専用の溶剤でもあるのかなぁ
なんてググってみたら、なんとオヤイデに
デペントKX(皮膜剥離溶剤)という名前で売ってました。。

届くのは明日ですが、これをやっていたのは
ちょっと前なんで、ここまでの無茶ぶりご堪能頂きますw

日本ペイントの剥離剤で三回やってもこの程度。
112106 塗って、温めて
割り箸を削ったもので
ゴシゴシと
柔らかくなった塗膜を
こそげ落とすの繰り返し。
金属とか紙ヤスリ使えば早いのですが
真ん中の11本、とっても細いので恐くて出来ません。
ちょっと白く見えるのが塗膜で、この位浮き上がって
しがみつくものが無くなれば、多少はヤツの防御能力も落ちるので

剥離剤の除去も兼ねて、アセトンとかシンナー攻撃です。

ここでラッキーだったのは、白い被覆が
ビニールやゴム系ではなくて、たぶんテフロンだった事ですね。
もしビニールやゴム系だったら、剥離剤はもちろん
使えないですし、シンナー攻撃で
ネッチョネチョになっていた事でしょう。

それでも、裸眼で見るだけでは
どの程度落ちているのか確認できないので、スタンド型の
ルーペを覗きながらの作業です。
正確な時間は測ってないですが、1本ハンダがのるようにするのに
多分一時間以上かかってるかも。。

もっと早く(まだ使えるのかわかりませんが)
デペントKXを
知っていれば…Equinoxの線材を調べておけば。。

という感じで、完成画像はまた後で。。

また追記^^………出来ました
112601
皮膜が何なのかは
ちょっとわからなかったのですが
仮に、少し膜が残っていても

340度あたりで
メルトダウンするのを確認したので
普段、例えば一番熱量が必要な標準プラグの
グランドへのハンダづけでも、温度設定は
290度あたりまでなんですが、350度に設定して
スイッチクラフトの場合、グランド用の穴が開いていないので
Equinoxは4本線なので、2ヵ所に穴を開けて準備万端。

元々よりは、だいぶきれいに仕上がったと思います。
(ハンダがちょい多く残ってしまったので、少し削り落しましたけどw)

これでオヤイデの剥離剤が優れものだったら
edition9用Equinox改も恐くないです。

それにしても、バランスケーブルに交換が84,000円
バランスtoアンバランス変換ケーブルに12,800円って
○イムロード&フ
ヤって、最強(狂?凶?)タッグですね。

|

« GOING UNDER GROUND(あってる?) | トップページ | ウチの大輪 »

「ヘッドホン」カテゴリの記事

「工作」カテゴリの記事

コメント

どうも、そのご無体な依頼人ですw
っつーかおつけっ!って・・・www

いやぁ、自分で思ってたよりずいぶんやっかいなようで
申し訳ないです。
これは大切に使わないと (。・x・)ゝ

でもHD25-1側の端子がもう限界だったりします。
これはⅡに行けと言う事でしょうか。
RP-21に満足してしまってDJ1Proどうすっかなーなんて
思いもちらほら・・・。

しかし線むき出しでのバランス駆動とはおもしろいですね!
工作者ならではっていうか。

投稿: そらりすれっく | 2007.11.24 19:51

Equinoxもやはり危険でしたね。
感染こそ、私は免疫が出来たのでしないと思いますがw

いちおう、そらりさん脳内での見積もり
教えてもらった方が、こっちも助かりますので
メール頂ければと思います。

まぁ、間違いなくボーナスは吹っ飛ばさせますけどw

投稿: ばぢる | 2007.11.25 04:53

>上の三ヵ所の○、線材の太さが違うんです。
うわぁ・・・マンドクセ(´・ω・`)
一本ずつテフロン皮膜つけるのは何故なんでしょうねぇ、、
表皮効果が逆に大きくなりそうな気もするんですが
油絵の具にも剥離溶剤てのがあります
テフロンに効くかどうかはビミョーですが。。

投稿: tak | 2007.11.25 17:53

オヤイデの剥離剤、明日試せるかと思います。
うまくいくとイイなぁ…

このステレオミニの方はなんとか完成。
きれいに出来たと思います^^

投稿: ばぢる | 2007.11.26 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172319/9066809

この記事へのトラックバック一覧です: エキノコックスは危険ですが:

« GOING UNDER GROUND(あってる?) | トップページ | ウチの大輪 »