« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

プクプクテスト

先日の記事で、ポリウレタンだかポリエステルだか
太い撚り線のくせに、1本づつコーティングされているEquinoxとの
不毛な闘いを、延っ々書いてしまいましたが
昨日届いた、オヤイデの剥離剤デペントKXでテストしてみましたので
ちょこっと書いておきますね。

説明書きには、ちゃぽんと浸けて引き上げて
しばらく放置する目安の秒数が書いてありますが
単線での例なので、三種混合45本撚り線構造の
Equinoxですから、線同士が密接しないように
ほぐしてから浸けた方が、まんべんなく浸透してくれるかと。

その場合、もう少し広口の瓶だといいのですが。
それから、浸ける
放置→洗う(拭き取り)という
一連の作業を、スムーズに行わなくてはいけないので
段取りはキチンと確認してやりましょう。

ちゃぽんと入れて、引き上げ後20秒です。
11271 明らかにぷちぷちと

キテますね
( ̄ー ̄)
このプチ加減なら
いけそうです。

銅を侵されてはいけないので
この後20秒おいたら、速攻でシンナーに浸けて
すすぎ落してみたのがこれ。

11272 ん〜、やっぱり
ルーペを覗きながらの
こそげ落しは必要か。。

が、あのイライラから比べたら
まるで天国ですw

視力回復のため、夜空を眺めにイッテきます☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ウチの大輪

112502_2あっ。。
これは
ウチの
ぷらタン
でした。。

一番暖かい
エアコンの
吹き出し口真下で
うたたね。
しかも半目だぞ
ぷらタン
((;゜Д゜))

さて、きのうは奥さんのバースデイだと
携帯がお知らせしてくれました。

別に忘れてはいませんでしたけど
ちゃんと登録してる私ってエラいわー。なんて^^

毎年(たぶん)花屋さんにいってあれこれ選んで、今風に言うと
フラワーアレンジメントを作ってあげるのが
私も実は楽しみなので、今日もチャリで駅前の花屋さんへ。

都会の花屋なら、どれにしようか…その種類の多さに
迷ったりしますけど、渋谷まで片道950円もかかる
この街の花屋さんでは、迷うほどの品揃えは期待できず。。
どれが使えるか…? ということの方に時間かかったりして^^;

スイトピーがもう並んでたので、一瞬いこうかって思いましたが
もう花びらが透けてきていたので却下。
新鮮なのは、見た目もぷっくりしてますので。

あっ、お花屋さんだった事も
4年間くらいアリなんですよ。
きっかけは、店先にあったバイト募集のポップを見て
男の子で、お客さんの目の前でサクっと花束とか作っちゃうのって
すごく格好イイかも!?
なんて妄想炸裂したという、いたってミーハーな動機です。。

そんなミーハーが、余った花でトイレ用にアレンジしたのがこれ。
112501
ミニひまわりとブブレリウム。
白の熱収縮チューブは
この後撤去しましたけど^^
このままでもなかなか。
花器なんか、サントリーの
ソーダ(大)です。
でも、我ながら上出来ですw

続きを読む "ウチの大輪"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

エキノコックスは危険ですが

Equinox(イクノックス?)というStefan Audio製の
HD650系用ケーブル(約3万)を、ULTRASONEのフラッグシップ
edition9におつけっ!!

などと言う、たいへんご無体なオーダーを頂いたのでw
その前にちょっとお遊び☆

で、とりあえずHD25で試してみましたが…

ふわ〜あ〜、部屋中レースのカーテンか!?
とまではいきませんが、なんというまったりサウンド。
それでも、レースなので見通しがイイ。もの凄ーく見通せるw

まったりのくせに解像度(?)があるという
、不思議キャラです。
HD25っぽさは引っ込みますが、値段を抜きにしたら
ハマる人にはアリでしょうかね。わたしはダメですけど^^


2.7mあったものを半分にされてて、プラグ側をedition9用に
加工させて頂く予定です。

ハウジング端子側の残り半分のケーブルには、すでに
カナレっぽいミニプラグが付いていて、これもスイッチクラフトの

35HDBAU交換ということで、まずは解体です。
112101

…!?…何か汚いし
根元割れてる。。
あまり気にせず進めましょう。


112102 吸い取り線を10cm位
消費したところですが
前にハンダ付けした人の
苦労の跡が
窺い知れますね。

この後は、それぞれの端子にハンダごてを当てて
配線を抜いて、ちゃちゃっとスイッチクラフトに交換です。

なんちゃって^^
遊び道具を前にして、わたしが何もしないはずはないw

ということで、今となっては旧型の
112103 ソニックインパクトで
バランス駆動デス。

グリーンのは
カナレの定番4芯ケーブル、4E6S。
この組合わせ、この間
AIR.さんは聞けなかったんですよね。。
もったいないw

途中にスイッチクラフトの4ピンミニXLRも付けたので
変換ケーブルを使って
、標準プラグでも
使えるようにして
みました。が、今考えると
わざわざ高いミニXLRにしなくても良かったんです。
だって、ミニだと4mm径でもキツキツなんで。。

4E6Sでも、HD580とは思えない力強さと
カップリングコンデンサを替えたからなのか、電池だからなのか
情報の多さかつ音離れの良さで、すんごくキモチイイ。

Equinoxではどうでしょう?

…あれ?? L側 音が来ない。。
なんて一瞬もありましたけど、出てきた音は
HD25での印象とはかなり違います、というか相性なんでしょうが
ゾクゾクするようなリアルな感じです。

スピーカーをニアフィールドで鳴らして、まさにココッ!!
みたいな、ピンポイントにハマった時の
ちょっと「こそばゆい」感覚に包まれちゃう感じ。

んー。
5,980円のあきばおーでポチっとした、ディスプレイなしの
ポータブルDVDプレーヤから、同軸デジタルでDr.DAC2
(I/Vが627AUでLPFはLM4562、ラインアウトが627BP)へ
そこから30ドルアンプのソニックインパクト。
で、ケーブルがHD580より高いという
ハード面のマネーバランスはまったく無茶苦茶なんですが
何??
この満たされた感じは。
響きも文句なく気持ちいいし、カラッとはしていませんが
その程度な潤いで、自然と呼吸も落ち着いてくるような…

Dr.DAC2直挿しの時は、少しこってりし過ぎで
お腹いっぱいに感じたのに、やはり不思議ケーブルです。

さて、この時は最初のLchのプチトラブル
ソニックのスピーカー端子へのケーブル挿し込みが
甘かっただけだと思っていましたが…

続きを読む "エキノコックスは危険ですが"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

GOING UNDER GROUND(あってる?)

GOING UNDER GROUND(あってる?)
の、CD他もろもろを
ディパックに忍ばせて、いま渋谷にいます。

ある人待ちー
激しい対決になるのか!?


追記 : 明けて日曜朝に書いてます

えーと、待ち合わせに約一時間遅れて
Cross☆OverのAIR.さん、ひょっこり現れました。

私の中では、まさにひょっこりといった印象でw
これ以上書くと、またTAKちゃんに怒られ……

アニメキャラっぽい=親しみやすい
と、とっていただければw

過去二回、遭遇出来そうなチャンスがあったのですが
タイミングが合わずにいたので、昨日はと〜っても
面白かった。んっ? 楽しませてもらった? ん〜
正直いうと、がっぷり四つには取り組めなかった感も
なきにしもあらずですが、また機会がありますよね。
あそこ暗かったしw

いままでも、ネットワークで知り合えた人と
実際に会ってみて、共感共鳴する部分を見いだせたりするのは
とってもハッピーな事で、そこからまた新しいワンダーが
ぽこぽこと芽を出してきちゃったり。

これって、自分自身に対してですが
ジツハソウイウトキッテ、アイテニモナニカシラウマレテイル
んですよね。

そのことを、ガシっと心に刻みつつ
AIR.さんが帰ったあと、小さな小さなカラオケボックスで
朝までTAKちゃんと二人きりwで唄いまくってました(^_^)v

| | コメント (4) | トラックバック (0)

どうしたものか

先週? 吉井和哉の武道館から帰って
あっ、ノド痛い‥
うっ、足痛い…

ひとつ年輪増やしたばかりのくせに、はしゃぎ過ぎ??
なんて思ってたら、咳も出てきて
それも軽いんじゃなくて、激しく引っかかって
否が応でも全身運動になっちゃう重いヤツ。
入隊してもいないのに腹筋が…w

はい、珍しく体調不良に陥ってました。

今もティッシュは手放せないんですが、気分はほぼノーマルなので
やっと記事…書こうかな?なんて^^

どうも先月中盤過ぎから、歯車が上手く噛み合ってなかったのか
うっかりの連発で、最後のプラグ部分でLR逆にハンダ付けして
そのまま送ってしまったり、はたまたHD25で
右出しと左出しを間違えて作って、発送した後に気が付いて
送り返してもらったりと、かなり迷惑をかけてしまって…
この場でも再度お詫びします。。。

凹む時は重なるものなのか
ってゆうか、これはわたしの腕がヘタれだったんですが
このステレオミニミニプラグ(下の)です。
110101 上は3.5mmミニプラグ
小さいですよね。

LRの接点は
ただ露出してるだけで、モールド成形品を
バラした状態と同じです。
3.5mmなら、それでも
そんなに難易度は高くないんですが、スペースは狭い
絶縁体も薄いし、いざやろうと思ってじっくりと見て
安請け合いしてしまったことに若干の後悔が。。。

HWS-22の芯線は0.5mm。すごく…太く見えます。
とりあえず配線の方だけ、ハンダを軽く流してありますが…

これをハンダポケットの無いL側に付けて
穴有りのGNDに
シールド線をハンダ付け。と、ここまではなんとか。。

……ダメです。R側がL側とブリッジしてしまったり
スリーブのねじ部分と繋がっちゃったり、挙げ句の果ては
絶縁体のメルトダウンとなって、実は二つダメにしちゃって

続きを読む "どうしたものか"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »