« ライム買い忘れてるし… | トップページ | HD580ケーブルほか沢山^^ »

定番3886でしたね

05061右下の
XLR入力から
0.47uFの
カップリングを通って
左下の14pinフラットパッケージ
クワッドオペアンプTL084へ。
LPF・HPFも含めて、OPアンプはすべてこれ。
6個も使われてます。バッファのゲインは3倍でした。

何の話?
スタジオモニターアクティブスピーカー
DynaudioのBM5Aです。
アクティブなので、当然アンプが入ってます。
おそらくICアンプだと思いますが、どこの石だか
気になりますよね……えっ、ならないですか??
私はもう気になって気になって。

とりあえず、届いたその日
箱を開けるなり、まずはユニットを外そうと思ったんですが
気をつけてくださいね、これってユニットを留めているネジ
普通のプラスのねじではないですから。
十字のみぞは、プラスねじのように見えますが
その間にも小さい溝が入っています。
ポジドライブですね。

残念ながら、ポジドライブのドライバーなんて
ウチにはなかったので、いきなり頓挫です。
背面にあるアンプ部分も同じネジなので、エージングがてら
普通に鳴らしながら我慢の日々。

といっても、モニタースピーカーなんて聴いた事なかったので
それはもう面白い。おもしろすぎるくらい^^


なんて言うか、全部が全部ではないにしろ
ここから出てくるアーティストの音を聞きながら
CDの音が作られてるのか?
なーんて考えながら音楽を聴く事なんてなかったので。
そのあたりは、後日こちらに貸し出し予定なので
そのレポに期待しましょう^_^

ポジドライブ用にドライバーも手に入れたので
アンプ部分取り出してみます。
05062 基板は2枚なんですが
ちょこっと写っている
トランスが邪魔だし
基板自体の取り付けも
二枚がL字配置されているんですが
ドライバー作業の逃げ分スペースは
考慮してない設計みたいで、ちょっと時間かかりました。
電源部分のコンデンサ容量アップとかも、ゆくゆくは
考えているんですが、この配置はちょっと困るかも。。

で、トランスを外して現れたのが
画像のジャンパです。デフォでは120Vに挿さっていて
この時のDC電圧は±23V。オペアンプには
定電圧レギュレターで
±15Vになってました。

かなり端折ってますが、使われてる石
05063 LM3886でしたね。

もしかしてそうかな?
と、予想はしていたので
ちょっと安心しました。
回路定数は、これはちょっと意外と言うか
データシートにある参考回路、ほぼそのままに近いです。

この石だと
±40V程度までいけるはずなので
ジャンパの設定を100Vにしてみると
DC電圧は±27Vになったので、後でこっちで聴いてみます。



|

« ライム買い忘れてるし… | トップページ | HD580ケーブルほか沢山^^ »

「スピーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172319/6330884

この記事へのトラックバック一覧です: 定番3886でしたね:

« ライム買い忘れてるし… | トップページ | HD580ケーブルほか沢山^^ »