« DJ1 Proの小プラグ | トップページ | ビフォア アフター »

コーリアンの塗装

コーリアン、塗料ちゃんと喰い付くの??

というのも、ルーター加工の際に使うテンプレート
ちょっとずつですが、コーリアンで作りなおしています。
MDFですと、作るときは早いんですが
何回か使っていくと、ローラーベアリングの当たるところが
凹んだりしちゃって、微妙にガタが出てきてしまって。

で、硬い人工大理石だと、全然へこたれないので
すごく重宝するんですが、それでもたまに
ガガっとやってしまって、欠けちゃったりします。
ちょっとの欠けでしたら、瞬間接着剤を欠けた部分に
垂らして、そのまま固まるまで放置。
そのあと、ペーパーで余分な部分を削ればOKなんですが
ざっくりやってしまった場合は、エポキシ接着剤を盛って
修正するんです。
その時に、欠けの部分は大丈夫なんですが
はみ出して表面とかに付いてしまったエポキシが
ポロっととれる時があって、修正の手間は省けていいんですが
これって、もしかして喰い付きの良くない性質なの??

BOSE M3のスタンドは、ご存知のように
ベース部分がコーリアンです。
今依頼を受けている中で、黒塗装仕上げのものがあって
引き受けた時は、密着材を使ってやれば
問題ないと思っていましたが、今後のことも考えて
ちょっと実験しておこうという訳で
とりあえず切れ端にグリーンを塗ってみました。
04051
ちなみに
塗装する前に
600番のペーパーで
足付けをしてあります。

丸一日乾燥させて、あっ、
塗料は2液のウレタン
普段使っているものです。
この後
04052 こんな風に
カッターで
マス目状に
切り込みを入れます。

04053その上に
テープを
ピッチリと貼って
思いっきり
ピッと勢いを付けて
剥がします。


カッターをマス目に入れることで
塗料同士の繋がりを断って
素材と塗料とだけの繋がりにしてあげる訳です。
そこにテープで引っ張られることになるので
よほど仲良しでないと、二人の関係は
あっけなく離ればなれに…

テープを剥がし終えたアップです。
04054
どうやら
コーリアンちゃんと
2液ウレタンくん
とっても仲良し。

あんなひどいことされたのに
しっかり手をつないでますね。
よかった^^

|

« DJ1 Proの小プラグ | トップページ | ビフォア アフター »

「ペイント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172319/5987699

この記事へのトラックバック一覧です: コーリアンの塗装:

« DJ1 Proの小プラグ | トップページ | ビフォア アフター »