« 昨日の諭吉 | トップページ | マフラーが… »

春休み特別^^ Jrオーオタ化作戦

やっと暖かくなりましたが、ウチの方では
カミナリと共に、狐の嫁入り。
ちょっとめずらしいお天気で、そのせいではないですが
カウンターも、いつの間にやら20000超。
いつもありがとうございます。

で、今日はコレ作りましょうか。
032201 大人が作っても
充分すぎるほどに
楽しめるんですが
この時期ですので
ぜひ、お宅のJrとご一緒に

ほとんど100円ショップ
100均で手に入る
材料
セレクトしてありますので、買い出しから
楽しめると思いますよ。
さすがにユニットは100円では無理なので
8cm(3インチ)のもので、ちゃんとフルレンジとして
使えそうなものを用意しておいてください^^

032209 これは昔作ったヤツ
作り方も
すこしばかり
手が込んでます。
今にして思えば、無駄というか
作りにくい部分があるのかな。
今回のは大丈夫、簡単です^^

ペットボトルスピーカーなので、エンクロージャは
当然ですが、ペットボトルです^^
今回は『完全版』という心持ちで挑んでますので←大丈夫か??
飲み物の銘柄というか、ボトルにもこだわって下さい。

8cmのベストは1.5リットルのボトルです。
Jrと一緒に作るんで、大五郎とかは今回は却下!!
炭酸系も、ちょっと加工しづらいのでパス。
わたしのおススメ、今はカルピスウォーター
もしくは午後の紅茶なんですが、よく見て欲しいのは
円筒部分、だいたい大まかな6面で構成されてます。
ここの長方形の形やリブの入り方、ボトルメーカーごとに
微妙に違っていて、奥が深いのですが
とりあえず、同じものが二つあれば良しとしちゃいましょう^^

まだペットボトルの音を、実際に体験していない人は
なかなか解らないと思いますが、このボトルも
発音体として、きわめて重要な役割をしているので
ガチガチにしちゃうと、違う方向に行ってしまいます。
それでも、もう一つの大きなメリットがあるので
悪くはないんですが、それは後で触れることにして
ちょっとオーバーに言うと、オンキョーのD-TK10
032203_1とても薄い一枚板を
アコギ作りのノウハウで
積極的に響かせている
この感じが近いかな…

一番最初に、ユニットを入れる
穴を切り抜きます。
TangBandの場合は
74mm〜76mmくらいです。
とりあえず、真ん中はキッチリ測って印をつけて
切り抜いてください。想像している以上に硬いので
コンパス型のカッターでは、なかなか切れません。

032202ウチには3mm合板
程度なら切れてしまう
ちょ〜便利な
NTのC-2500P
円切りカッターがありますので
それ使っちゃいますが、ハンダごてを使って
溶かしてしまうのも、ちゃんと下書きをした上で
作業するならOKです。エッジの強度はその方が出ますね。

ここはほとんど見えなくなるので
穴径さえ大きすぎなければ大丈夫です。

色を塗る場合は、この段階で。

ぜひともペイントはやって欲しいんです。
ペイントすることで、より愛着もわきますし
モノとしての格が数段アップしますので、いつしか
リビングの片隅で邪魔者にされる日が来たとしても
色のないペットボトルそのまんまだったら、迷わず
リサイクル行きですが、ちょっと色が塗ってあると
もしかしたら、またどこかで鳴りだす日もあるかも…


ペイントといっても、別に難しいことはなくて
ただペットボトルの内部に、色を流し込むだけでいいんです。
透明だからこその超簡単、ムラになっても
逆にちょっとオシャレ系になります。

実画像がなくてちょっと恐縮ですが、やり方はほんとに簡単。

準備するのは、透明ラッカーと
それと同じシリーズの原色、青でも赤でも緑でも。
予算があればプラモデル用でもいいですね。

まず、使いたい色を容器(紙コップとか)の底が
隠れる程度入れます。そこに透明ラッカーを
割合でいうと5倍から10倍程度入れて下さい。
こうすることで、仕上がった後もボトルの中身が
すこーし透けて、ユニットも見えるので
なんとなく、ちょっとオシャレ系になるんです。
迷わず流し込んで、とりあえず全体に行き渡らせるように
グルグル回したり、上を向けたり下を向けたり
パパこぼれてる〜××なんて図、いいぢゃないですか^^
たぶん二度三度ほど流し込めば、イイ感じになると思います。

この方法は、いわゆるキャンディカラーを塗るときの手法で
下地のシルバーを塗って、その上から
例えば、グリーン 1 : 5 透明クリア の割合で
塗料を作って、それを何回か塗り重ねれば
下地のシルバーによって、光が反射させられて
キャンディグリーンになります。こういった場合は
スプレーガンでも、絶対にムラにならないように塗装しないと
いけないので、通常の塗装より難易度アップなんですが
今回のペットボトルでは、ムラも雰囲気になると思いますので
ぜひともチャレンジしてみて下さい。

なんだか、全然なかなか進みませんね。。
しかも材料、忘れてました^^
032204
ペットボトル以外では
まず隙間テープ。
出来ればなんですが
スポンジじゃなくて
発泡ゴム系がオススメです。
ただのスポンジだと
年月と共にボロボロになっちゃって
ちょっといけません。オーオタなら防振スポンジとか
パソコンの筐体用に持ってたりしませんか??

で、画面右上
これがキーパーツなんです。

032205何だと思います?
100円ショップ
ダイソー製の
キッチン用品です。
品名は忘れましたが
あの丸い所には、お皿が一枚ありました。
本来の用途は、コンロの横に置いて
おタマをちょっこっと
置いておくものらしいです。
近所のダイソーにはもう売ってなかったんですが
捜せばどこかにあるハズです。

ペットボトルスピーカーの弱点の一つは
その設置方法なんですよね。

そのままゴロリと転がしておくだけでは
その真の実力は発揮出来ないままに、リサイクル行きです…
もちろんちゃんと工作すれば、問題ないんですが
Jrとの貴重な時間、いつ心変わりされるかドキドキです。
それをこの『おたま置き』が
、ユニットのマウント兼
スタンドになってくれて、バッチリ
解決してくれるので
今の内から、ダイソー巡りして確保してください^^

あとその手前には、ビーズ細工などで使う
バンコード? ようはヒモです。
でも、ただの紐じゃなくて
内側に釣り糸(テグス?)が入っているので、かなり
強引に引っ張っても切れたりしません。これ重要。

後はこれ。
032206 タイラップです。
ユニット代別で

午後の紅茶が
安売りで2本300円ちょっと
100円ショップでタイラップ
おたま置き、ビーズひもで400円。
ホームセンターで隙間テープ294円^_^;
なんと1000円以内も夢じゃないですね^^
いっそ全部Jrの財布から……

散らかっちゃいましたが、落ち着いて
作業に取りかかりましょうか^^
といっても、最初の写真を見れば
『作業』といったものでもないかw

今、とりあえず穴があいている状態ですね。
そうしたら、上の写真みたいに
半分の所にタイラップを挿し込んでください。
で、とりあえずワンクリックめで輪っかに。
全部締めちゃダメですよ!!
最後の仕上げで、このタイラップを締め上げて
テンションを調節するので、今締めてしまっては
ひもの結び方で調節するハメになります。
ジャスト半分の位置というのもこのためです。
ペットボトルをよ〜く見ると、型の継ぎ目のようなラインが
入っているので、それを目安にしていいと思います。
二本目がちょっと挿し込みにくいんですが、
必ず入ります。
構造をよく観察してがんばり(らせ)ましょう^^

次はユニットとペットボトルとの緩衝材も兼ねた

エア漏れ防止用の隙間テープを開口部に貼ります。
ひとつ分24cmほどで足ります。
この時、表に貼り込むのではなくて
内側に1/3、表に2/3出るように、エッジの部分に
貼って下さい。貼り終えたら、まず内側を圧着して
表側は、気持ち伸ばすように折り返して貼っていきます。
さほど綺麗でなくても、後で引っ張って直せますから。

これで、ようやくユニットの挿入になりますが
配線は済ませておいて下さいね。

ペットボトルにターミナルを付けておいた方が
見た目もそれっぽくなるので、これも予算と時間と
相談して、あらかじめ付けておくか決めて下さい。

切りっぱなし状態では、楽に入ったユニットですが
隙間テープがあるので、うまいことやらないと
032207 金具がつかえたり
マグネットが邪魔したり
すんなりとはいきませんが
だましだまし
やってみて下さい。
テープが捲れたりしても
ちょっと挿し込めば元に戻ると思います。

ここからがメインイベント。

ユニットの取付けねじ穴からひもを挿し込んで
おたま置きのリング部分と結びます。

このおたま置き、はやりけっこう鳴きますので
気持ちですが、ユニットと接する所だけ
わたしはハーネステープ(ベタつかないビニールテープ)を
グルグル横巻きじゃなく、タテに巻いています。
伸びる材質なので、しわもなくきれいに貼れますよ。

右上を結んだら、飲み口側に付けたタイラップの輪に
通して、右下のユニット取付けねじ穴を通して
リング部分と結びつけます。
032208
これと同じことを
左側でも行って
ユニットが、ペットボトルの
ほぼ真ん中に収まっているか
よ〜く確認です。もしずれている場合は
紐を結び直すなりして調節します。

この時に、わたしは詳しくないんですが
こう、引っ張ると締め込まれる結び方とか
いろんな結び方知ってると、ちょっとカッコいいですよね。

トランポにバイク積むときとか、
わたしもやってたのに
タイダウンの普及と、脳細胞の激減によってか
まったく思い出せませんでした…_| ̄|○


最後、飲み口のタイラップを締め上げます。
ひもをはじいて、テンションを確認しつつ
ボワンボワンがピンッピンッって感じになるように。
指で引っ張るだけでは、なかなかピンッとはならないので
ペンチなどを使って、しっかりとキメて下さいね。

どんな音か、ワクワクしますね。
ユニットがなんであれ、おそらく元気になると思います。
これはまさにペット
ボトルも音を出しているからで
ちょっと信じられないかもしれませんが、汚い感じでは
まったくなくて、逆にスピード感というか臨場感は
増しているように思われます。ライブなんかには
それこそもうばっちりハマります。


さらに驚くべきは、その低音だと思います。
 
しかも速い。
バスレフのそれとも、ちょっと違う気がします。
わたしなりですが、これにはちゃんとワケがあって
出るべきものが、滞りなく出ている。
これだけの話です。
最初の方で、オススメボトルの話をしましたが
一番大切なのは、けっして四角ではなく
丸いボトルを使うということです。
丸いダンパー、丸い振動板、そこの空気が動かされる時
そのひと粒ひと粒がスムーズに移動するには、なんとなく
四角よりも丸い方が動きやすそうですよね。


いったん動き出した粒たちは、ある場所に気が付きます。
……何かあっちに光が見える。。←なんじゃそりゃ^^
そうです、ペットボトルの飲み口に向かって
いい感じのテーパーがついていますね。
ここで加速されて、一気に飲み口から
放出されてきてる感じがします。

試しに、
ペットボトル飲み口を延長するように
5cm程度のバスレフポートを付けたものと
ペットボトルの内側へ
、ホットボンドか何かを使って
いわゆる普通のバスレフポート状になるように付けて
比べてみてください。
ちょっと違わないですか?

その奥行き長さゆえ、設置の自由度がそれほど高くないので
飲み口からさらに5cm、突起物があるのは
ちょっとキビしいし、スマートにみせるのもちょっと
難しいですが、伸ばせる所まで低音が欲しい人には
延長ポートはおススメです。

はっ。。もうすっかりJrのことを忘れてました…
もしも、パパご自慢のオデオよりも「こっちの方がイイっ!!」
なんてことになったら、複雑な心中お察ししますが
見た目や値段、周りの意見、裏がありそうな
あやしいレビューに左右されず、自分の意見をはっきり言える
正しく清らかなオーオタへの第一歩ですので、これまた
複雑ですが、見守ってあげませう^^

ちなみに、一枚目の画像の後ろのヤツ
細部のディテールや作り込みは、かなり荒削りですが
ちょっとカッコよくないですか^^

もう3年前くらいに、ペットボトルスピーカー
ちゃんと作ろうと思って、試作してみたものです。
今作れば、もっと格段に良いものが出来そうなので
ちょっとやってみたい気もしています。

それも、この超長〜い記事の評判次第デス^^

ほんっと、長かった。。
また来て下さいね。
最後までおつかれさまでしたw

余談ですが、わたし他の人のブログ読む時
コマンド+プラス、字をおっきくしないと読み辛くって。。

視力は今も1.5なんですが、モニターくらいの距離で
小さい文字がだぁーと並んでると、ちょっと…

なので、自分の記事を書く時は
ワンサイズ大きい字にしてるんです^^

|

« 昨日の諭吉 | トップページ | マフラーが… »

「オーディオ」カテゴリの記事

「スピーカー」カテゴリの記事

コメント

よっ、師匠!
いよいよ師匠の本領発揮ですね!
ペットボトルスピーカーといえば「ばぢるさん」という話は
私ですら知っているほどですから…

続きを楽しみにしていますよ!
オレも多分作ります、ペットボトルスピーカー、
ぜひご教授お願いします!

ちなみにお玉置きは百均でもホームセンターでも
最近は手軽に入手可能みたいですね。
ウチにもあります、まったく同じヤツ

投稿: kiyoto | 2007.03.22 23:38

はぁ〜、スッゲェ書いた。
とりあえず、全部嫁!!
読んだら作れ!!
作ったらコメント汁っ!!
あっ、作らなくてもね^^;

にしても、400字詰め原稿用紙にしたら
たぶん10枚以上かも?
感想文の2枚で『え〜!!』なんてブーイングしてた
小学生時代のわたしに、内容はともかくとして
教えてあげたい。
書きたいこと、思ってること
そんまんま、書いていいんだよって。

投稿: ばぢる | 2007.03.23 05:22

ふぅふぅ、、
早出の職場で斜め読みしました。
文体変えて画像をイラストにすれば、完璧な小学校高学年工作テキストになりますね。
ワタシもイッチョペットB-SP作ってみようかな。

投稿: ふ゛り | 2007.03.23 08:06

お疲れ様ですばぢるさん。いつも楽しく拝見させていただいてますが、今回の話は秀逸ですね!そこそこの労力・費用で本格的なスピーカー(!?)ができてしまうんですから。私が以前作った際にはホットボンドを使ったのですが、この方法だと簡単にユニットの換装もできそうですし、私も是非トライしてみようと思います。

投稿: natural | 2007.03.24 01:59

おたま置きに話題沸騰^^ですが、一番手前にあるリング
ちょっとお掃除。なんて時に、ひょこっと立てて使えて
なにげに便利ですし、小さな悪魔の「何でも押す」攻撃にも
時として非常に有効です。…が、やはり鳴きますので
足部分だけ残して、金ノコでぎこぎこと切っちゃうのもアリです。

音像がちょっと広がり過ぎ?と感じたときは
ペットボトルの太い所に、ひもの隙間を通して
これまた100均のお習字下敷きなんかを、トライ&エラーで
巻いてあげると、前よりに出てくるはずです。

これからも小出しにw、やっていきますね。

投稿: ばぢる | 2007.03.24 18:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172319/5783564

この記事へのトラックバック一覧です: 春休み特別^^ Jrオーオタ化作戦:

« 昨日の諭吉 | トップページ | マフラーが… »