« THANK YOU YOSHII KAZUYA | トップページ | バラし&いたずらHD-25 »

あゆカウントダウン2006-2007

01011

代々木から、新年一発めです。
今年もよろしく!!

さすがに、場内撮影はわたしも無理なので
あゆグッズ売り場で許してくださいね^^

ライブの内容はあまり目新しさはなくて、でもそれが
カウントダウン=お祭り的で良いんでしょうね^^

いままでのツアーセット・衣装を使いまわしたのも
足掛け8年のツアーが、あゆを育てて
ファンを育てていったわけですから
アジアツアーに向けて、それを再確認って
感じなのかな?って思いました。

01012 それにしても、
音悪い。
代々木第一体育館というせいも
ありますが、ほんと
悪過ぎ。



今回は、アリーナの真ん中
ミキサー卓の後方だったのですが
特にベースの音は、何というか
コンプレッサーのかけ過ぎのような、それでいて
汚い音で、さらに会場の共鳴も重なってしまって
弾いてる本人が聞いたら、がっかりすると思うんですけどね。。
ほんとにボーボーしちゃってます。

それから、前半のヘッドセットマイクの時は
前録りの口パク(たぶん)なんですが、そのあと生歌に
なった時とのギャップが、ちょっと大きすぎ^_^;
いわゆる歌姫ではないにしても、メロディに
優しく歌詞を乗せるような歌い方も出来るようになったし
ロックっぽく、放った言葉が旋律になる風にも歌えるし
ちょっともったいない気がします。

とはいえ、エンターテイメントっていうのかな?
楽しませてくれる事に関しては、流石ですやっぱり。

たとえがおかしいかな?とは思いますが、もし披露宴で
花嫁さんがちょっと可愛いとはいえ、三回も四回も
中座してお色直しされたりしたら、ちょ〜っと
ひいてしまいますが、あゆの場合は
逆にワクワクさせてくれますし、
ダンスにしたって
振りを覚えるだけでも、もの凄く大変だと思うのに
ステージでは、ダンサーとちゃんと絡んでますもんね。
その姿は、まさしくプロフェショナルです。

そこにキチンと伝えたい事があって、そのために
自分のおかれた環境だったり、立場で
出来うる最大限の事を、結果として完璧にはならないにしても
そこに向かって、ちょっとずつでも常に前に進んでいく。
彼女、浜崎あゆみのライブはそんな事をいつも感じます。

|

« THANK YOU YOSHII KAZUYA | トップページ | バラし&いたずらHD-25 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172319/4750138

この記事へのトラックバック一覧です: あゆカウントダウン2006-2007:

« THANK YOU YOSHII KAZUYA | トップページ | バラし&いたずらHD-25 »