« INCRA jig やっと来た!! | トップページ | へたれレンズでも »

ラジコンのペイント(逆転の発想)

1122たいそうなタイトルですが
順序を逆にしないと
塗れないって事^^

デュースCoupeのボディですが
こういったラジコンのボディは
最初透明なんです。で、その塗装というのは
あちこちぶつけるからなのか、表面にペイントするんではなく
裏から塗っていくんですね。これなら、ちゃんと密着さえ
していれば、ぶつけてもガリガリ剥がれない訳で
なかなか良い考えですよね。

なーんて、塗る方は大変なんです。
たとえば、リアハッチにクールにはためいている
通称アメフラ(アメリカ国旗)ですが

通常は国旗の色、赤白ストライプ・紺地に銀の星と塗って
うねり感を出すために、エアブラシで影を入れた後
一番高い部分(明るい所)に、ハイライトの白をしゅっと
入れてあげるのですが、裏から塗る場合は…

たいへんです、一番最初に塗った色が
表から見える色になります!!
という事は…
一番先にハイライトとシャドーを
おおよその
見当をつけて塗らないといけません。

しばし固まってしまいますが(笑)、よーく落ち着いて考えれば
次から次へと塗っていけるんですよね。
あれっ、わからないですか?
いつもは、マスキングして一色塗って乾かして
次に塗る所のマスキングをして、また塗ったら乾かして
という繰り返しでグラフィックを重ねていきますが
透明素材を裏から…という場合は、一度塗ってしまった所に
後から色を入れても、オモテにはその色は現れないんです。

だから、グラフィックの位置と順番だけ
最初に全部把握して作っておけば、マスキングを剥がして塗って
剥がして塗ってという連続作業が出来るわけですよ。

そう考えると、と〜ってもラクなのかと思いますが
これを塗った時は、順番を考えるだけでたっぷり半日。
だってアレですよ、失敗したらヤスリかけてもう一回
という事が出来ないわけですからね。

このラジコンは、ある4輪雑誌の編集部からの依頼で
あのタミヤラジコンカーグランプリにも出たんですよ。
一応、コンクールデレガンス準優勝という
ありがたい賞もいただきました。

ちなみに優勝は、NASCARのマクドナルドカラー。
私の作るものって、まぁ一般受けしないってことですね^_^


|

« INCRA jig やっと来た!! | トップページ | へたれレンズでも »

「ペイント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172319/4280058

この記事へのトラックバック一覧です: ラジコンのペイント(逆転の発想):

« INCRA jig やっと来た!! | トップページ | へたれレンズでも »