« 棒とかパイプの面取り | トップページ | 発泡酒で贅沢って »

キャスターのタイヤ

直径75mmのナイロン素材のキャスタータイヤ
ストレートビットの先っぽが丸くなってるヤツ
溝を掘りました。

11112

タイヤですから、丸いです。
ビットの突き出し量を
マイナスにしておかないと
ルーターテーブルの
インサートリングの穴に
落ち込んだときに、吹っ飛びます。
想像しただけで…こわい。


こんな感じで、フェンスとストッパーを
11111
セッティングです。
タイヤがビットの真上に
くるようにして、軸部分が
出っ張っているので、その隙間を
もう一組のフェンスで作ってあげたあと
タイヤをくるくると回していけばOK。

ただ、今回は材料が木とかMDFじゃないので
一度ちょっとヒヤっと…

負荷がかかり過ぎの時、木の時は焦げたりしますが
ナイロンとかアクリルなんかは、平たく言えば
化学合成な樹脂、溶けますよね。

1個目のとき、慎重に進めたのもあるんですが
意外とすんなり、きれいに出来て
よし! 2個目もこの調子で、もっとキレイに
なんて目論んで。逆に送りのスピードを遅くしたんです。

そしたら、ある所からまったく回せなくなって
とっさにルーターのスイッチをOFF!!

持ち上げてみたら、ドロッと溶けたのが
カチっと固まっていて…危なかったです。

ルーターのモータースピードと材料の送りスピード
まだまだ経験が必要ですね。

で、これは何すんの??
サッシの戸車を使っていたモノを
大径キャスターへとバージョンアップです。
うまくいくのかは、まだ未定
^_^

|

« 棒とかパイプの面取り | トップページ | 発泡酒で贅沢って »

「工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172319/4141411

この記事へのトラックバック一覧です: キャスターのタイヤ:

» 合成樹脂 [化学事典]
合成樹脂合成樹脂(ごうせいじゅし、プラスチック=Plastic)とは、高分子化合物からなる物質。樹脂|天然樹脂に似たものであるが、別物である。なお、合成樹脂(高分子化合物)の糸を織って作った繊維は合成繊維と呼ばれる。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quo...... [続きを読む]

受信: 2006.11.16 03:40

« 棒とかパイプの面取り | トップページ | 発泡酒で贅沢って »