« BOSE M3 続き | トップページ | ルーターテーブル »

M3の続き(センターポンチもご紹介)

veritasのOpticalCenterPunchです。
Opti01
穴を開ける際のマーキングに使います。
ようはポンチですね。

何ともゴージャスな、金のハンコみたいなのを
けがき線上に置いて、プラスチック棒を穴に差し込んで
上から見ると、けがき線が拡大されてチョーよく見えます。
十字のラインが書いてあるので、それにピシッと合わせたら
そお〜っとプラ棒を抜いて
こんどは黒いパンチ棒を差し込んでコツっ!!

これで、正確はもちろんですが
精神的にモヤモヤしないマーキングが出来ます。
後は、人と道具がどれだけ良い仕事するかですけど…
Opti02

BOSE M3スタンドは、パイプ同士の
はめ合わせ調整もようやく終わって
ベースとなる人工大理石への穴開けです。

仮組してみたら
単純に垂直に開けてもいい感じでしたが
若干バッフルが上向きになった方が
よりぞくぞくとくる
"ニアフィールドリスニング"になると思うので
すこ〜し後ろ傾斜になるようにするつもりです。

|

« BOSE M3 続き | トップページ | ルーターテーブル »

「HandTool」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172319/3987275

この記事へのトラックバック一覧です: M3の続き(センターポンチもご紹介):

« BOSE M3 続き | トップページ | ルーターテーブル »